桃色のカリンnew今日は菖蒲湯にいいねしよう

2016年7月21日

「切り戻し」は、思い切りが大事! バッサリ切って、たくさん花を咲かせましょう。「花づくり講座(4)」

広島市の公民館で開催されている「花づくり講座」を受講しています。第4回目となる7月の講座では、病害虫対策など夏の作業をいろいろ教わりました。その中から今回は、ペチュニアの手入れについてご紹介します。

ペチュニア

ペチュニア

写真のペチュニアは、1回目の講座のときに種を蒔いて育てているもの。梅雨の間にぐんぐん成長して、いつの間にか枝があちこちに伸びてしまいました。

 

たくさん咲かせる切り戻し

伸び放題のペチュニア

伸び放題のペチュニア

わが家のペチュニア、花はきれいに咲いてくれましたが、すき間がすいてなんとなく物足りない感じがします。そこで、必要なのが「切り戻し」の作業。

切り戻したペチュニア

切り戻したペチュニア

成長したペチュニアは、葉の脇に小さな芽が出ています。カットするのは、この脇芽の上。元の大きさの3分の1くらいまで切り戻します。「かわいそうに思えるけど、バッサリ切って大丈夫ですからね」という、講師の言葉を思い出しながら、エイッとハサミを入れました。雨の日は、切り口から雑菌が入りやすいので、切り戻しの作業は、天気のよい日を選んで行うとよいそうです。

 

切った枝は挿し芽に

切り戻した直後は、ちょっぴりかわいそうな姿になりますが、1カ月もすれば、枝が伸びて花が咲き、こんもりと豪華な姿になるのだそうです。だだし、脇芽を残しておかないと枝は伸びないのでご注意くださいね。

カットした枝も挿し芽にできるので、さらに株の数を増やすこともできます。夏の楽しみがまたひとつ増えました。みなさんも思い切りよく切り戻して、ペチュニアをいっぱい咲かせてくださいね。

 

ペチュニアの花言:「あなたといると心が静まります」「苦労の成果」「苦労の変化」

 

 

エバーグリーン編集部オススメサイト

  • 元気がなくなったペチュニアには、こんなお手入れも

ペチュニア 梅雨どきの管理 (コメリ How to情報)

  • こんなに大胆に切っちゃっていいんですね!

3回目も楽しもう ペチュニアの育て方・日常管理(Youtube protoleafチャンネル)

 

 

(エバーグリーン編集部 まえだ)

 


ペチュニア