カボチャのスープnewインスタ10月の過去記事

2022年9月4日

[秋の七草]日本の植物文様〜秋の七草(後半)ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・アサガオ|エバーグリーン

秋の七草文は、前半で触れましたように山上憶良が詠んだ句に登場する植物をモチーフに描いたものです。七草すべてが描かれていなくても、数種あるいはそのなかのひとつだけであっても秋の七草文と呼ばれることがあるようです。

カワラナデシコ(エバーグリーン植物図鑑)

カワラナデシコ(エバーグリーン植物図鑑

オミナエシ

オミナエシ

フジバカマ(エバーグリーン植物Q&A)

フジバカマ(エバーグリーン植物Q&A

キキョウ

キキョウ

 

数多く用いられる愛らしい撫子文

現在では、食べられる花・エディフルフラワーとして人気があるというナデシコ。花そのものもカワイイと人気です。ちなみにこのナデシコ、漢字では「撫子」と書いて、撫でたくなるほど愛らしい花という意味を持つのだそうです。とはいえ、かわいいだけでなく耐寒性も強くとても育てやすい植物としても知られています。また、日本女性は「大和撫子」という言葉で形容されることもありますが、これはナデシコのように奥ゆかしさや内に秘めた強さを兼ね備えた女性の指すようで、決して弱い女性ということではないようですね。そのためか数多くの文様を見ることができます。

撫子文の染織、洗えるキモノ(平成)

撫子文の染織、洗えるキモノ(平成)

 

染織、小物などでも数多く使われています。また、家紋のなかにも見ることができます。ちなみに、ナデシコの仲間のカーネーションも昭和以降文様として描かれています。

撫子に四季花文の夏のキモノ(昭和)

撫子に四季花文の夏のキモノ(昭和)

 

ナデシコ、ハギカキツバタなどが組み合わせで描かれています。

撫子と萩の葉文の夏のキモノ(昭和)

撫子と萩の葉文の夏のキモノ(昭和)

 

ナデシコとハギを組み合わせて図案化したものです。

 

万葉集でも数多く詠まれ古典的な着物などに描かれている、女郎花文

オミナエシは万葉集のなかで『ひぐらしの、鳴きぬる時は、をみなへし、咲きたる野辺(のへ)を、行きつつ見べし』『我が里に、今咲く花のをみなへし、堪(あ)へぬ心に、なほ恋ひにけり』といった句を見ることができます。ちなみに、オミナエシは地方によっては盆花として飾る地域もあるとか。

風船に七草文の子ども用の夏のキモノ(昭和初期)

風船に七草文の子ども用の夏のキモノ(昭和初期)

 

風船のなかにオミナエシ、フジバカマ、キキョウが描かれています。

 

原種は減りつつあるとされるフジバカマを図案化した、藤袴文

フジバカマは生の植物体に香りはありませんが、乾燥させると桜餅のような香りになることから、匂い袋などに用いられたとされています。文様として単独で描かれることは少ないようです。

秋の七草文の和食器

秋の七草文の和食器

 

なぜかフジバカマとオミナエシがひとつの植物のように描かれてしまっています。

 

あの安倍晴明とも関係がある、桔梗文

秋の七草のなかでは朝貌(あさがお)なのに、なぜキキョウ? と思う方もいると思います。万葉集のなかの句に『朝貌(あさがお)は、朝露(あさつゆ)負(お)ひて、咲くといへど、夕影にこそ、咲きまさりけり』という句があり、この句ではなぜか夕方のほうが美しいことになっています。そのため、この句に出てくる朝貌はアサガオ市などで知られるアサガオではなく別の植物ではないかとされるようになったのだそうです。

これは、日本最古の漢和辞典『新撰字鏡』のなかで、「桔梗」が「阿佐加保」となっていたことから、万葉集の「朝貌の花」とはキキョウではないかとなったのだとか。そのため、秋の七草文ではキキョウが描かれています。とはいえ、なかにはアサガオが描かれているものもあるのです。また、平安時代の陰陽師・安倍晴明(あべのせいめい)は五芒星に似た晴明桔梗紋を用いたとされています。これはキキョウの花が魔除けの五芒星に似ているからだとされています。

船に桔梗文の刺繍が入った帯

船に桔梗文の刺繍が入った帯

源氏香に桔梗文

源氏香に桔梗文

 

源氏香とキキョウを組み合わせて図案化したもの。キキョウの漢字『桔梗』の木編を取ると、「吉」と「更」の文字に。そのため縁起が良いとされ家紋でも用いられました。

桔梗文の櫛(協力:染乃屋)

桔梗文の櫛(協力:染乃屋)

 

染織だけでなく小物のなかにも桔梗文は見ることができます。

 

秋の七草文を紹介しました。最近は文様から、織りに夢中です。染織の織はほんとうに奥が深く、手織りものはやはりすごいなぁ~と、ついつい収集(1枚ワンコイン以下でも買える時代ですので)。時代が移るなか、織染のなかに生きている和の植物文様は、日本の歴史を垣間見るひとつの資料のように思います。


(日本図案家協会 準会員/園芸文化協会会員 藤依里子)


船に桔梗文の刺繍が入った帯