椿文newインスタ8月の過去記事

カキツバタ

アヤメ科 アヤメ属

Iris laevigata

〔基本情報〕池沼の水辺など日当たりのよい水湿地にはえる多年草。
根茎は枝分かれし、多くの繊維に覆われます。
葉は2列に互生し、長さ30~70cm、幅2~3cmの剣状で、中脈は目立ちません。
高さ40~70cmの花茎の先に2~3個花がつきます。
花は径12cmほどで青紫色、花被片は6個あって、外側の3個の花被片は楕円形で垂れ下がり、基部に白~クリーム色の筋があります。
内側の花被片は細く、直立します。
1つの花は1日でしぼみます。
果実は長さ4~5cmの長楕円形の蒴果です。

〔来歴〕古くは万葉集にも登場し、歌に詠まれたり、紋章や絵画の題材とされています。
江戸時代には多くの園芸品種も作られています。

〔栽培〕増殖は株分けと実生によります。
日当たりのよい水辺を好みます。
鉢植えの場合、株元まで水に浸かるように容器に沈め、月に1回ほど水替えをします。
冬期は水が凍っても問題ありません。
夏の高温期の水温上昇に注意が必要です。
施肥は秋に緩効性の固形肥料を株元に埋めます。
種子をとらないのなら、花が終わったら切ると株が疲れません。
病虫害はほとんどありませんがメイガがつくことがあります。

〔備考〕ハナショウブとは、花びらの中央が白いことで区別できます。
ハナショウブはこの部分が黄色です。
名は「書き付け花」が転じたもので、花の汁を布にこすりつけて染めたことによります。
杜若、燕子花という漢字を当てるのは本来は誤りです。
名前 カキツバタ
Japanese water iris、Japanese iris、rabbit-ear iris
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道-~九州)、朝鮮、中国東北部、シベリア
指定植物 ? NT:準絶滅危惧
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 6月
草丈・樹高 ? 400〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 青、紫
花径 ? 120mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐湿性
用途適性 ? 鉢植、切花、公園・庭園、水辺緑化
虫害 ? メイガ
日本花き取引コード ? 14210
検索サイトの検索キー ? カキツバタ
エバーグリーンポストでの記事 [アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ]いずれアヤメかカキツバタ…そしてハナショウブ?|アヤメ科アヤメ属|エバーグリーン

[ハナショウブ]古今東西 ご神木巡礼 番外編〜明治神宮の花菖蒲|アヤメ科アヤメ属|エバーグリーン