さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

フジバカマ

キク科 ヒヨドリバナ属

Eupatorium japonicum

〔基本情報〕河原の湿った草地でみられる高さ1~2mの多年草。
長く横に這って枝分かれする根茎をもち、しばしば群生します。
茎は緑色で、直立して上部で枝分かれし、無毛もしくはわずかに毛がはえます。
葉は対生し、長さ8~13cmで、茎の下部につく葉は深く3裂し、上部につく葉は野生のものではふつう分裂しません。
葉の表面には光沢があり、無毛もしくは縁に短毛がまばらにはえます。
葉の裏面は無毛もしくは脈上に短毛がまばらにはえ、腺点はありません。
葉の縁には鋸歯があります。
短い葉柄をもちます。
茎の上部に淡い紅紫色~淡い紫色の頭花を散房状に多数つけます。
頭花は管状花のみからなり、雌しべが花の外に突き出ます。
花には強い芳香があります。
果実は痩果で白色の冠毛があります。

〔来歴〕秋の七草のひとつとして、古くから親しまれ、『万葉集』や『源氏物語』に登場します。
奈良時代に大陸から渡来したものが野生化したと推測されています。

〔利用〕乾燥させた茎葉には芳香があり、全草を薬用や入浴剤などにします。

〔栽培〕増殖は実生、株分け、挿芽によります。
日当たりと、水はけ・水もちのよい土壌を好みます。
地植えの場合は強い西日が当たったり、乾燥する場所は避けるようにします。
また、地下茎をのばして広がるため、増殖しすぎないようにするには地下に枠をつくるか大きめの植木鉢に植えてから埋めます。
水やりは水切れしないように注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
肥料は与えすぎると間延びしたり花つきが悪くなるので、元肥を施せば特に必要ありませんが、鉢植えの場合は春と秋に薄めた液肥を与えてもよいです。
病虫害は特にありません。

〔備考〕準絶滅危惧に指定されていますが、栽培されたものが逸出している場所もあります。
名前 フジバカマ (藤袴)
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国、ベトナム
指定植物 ? NT:準絶滅危惧
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? サワフジバカマ
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 紫、桃
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、水辺緑化、コンテナ
有用 ? 薬用、浴用
文化との関わり ? 秋の七草。『万葉集』や『源氏物語』に登場します。
日本花き取引コード ? 14396
検索サイトの検索キー ? フジバカマ
エバーグリーンポストでの記事 [秋の七草]日本の植物文様〜秋の七草(後半)ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・アサガオ|エバーグリーン

[茎の弱い植物]立て! 立つんだ、植物!|エバーグリーン

[十五夜]十五夜に花を飾ろう|エバーグリーン

[フジバカマ]チョウの渡りを助ける花の蜜|キク科ヒヨドリバナ属|エバーグリーン

「フジバカマ」への投稿写真