図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

カワラナデシコ

ナデシコ科 ナデシコ属

Dianthus superbus var. longicalycinus

〔基本情報〕
おもに日当たりのよい草原や河原でみられる高さ30~80cmの多年草。
茎は直立して、上部で枝分かれし、節が膨らみます。
葉は対生する単葉で、長さ3~9cmの線形~披針形で、粉白色を帯びます。
葉の基部は茎を抱きます。
茎の先に集散花序を出し、まばらに花がつきます。
花序の基部には3~4対の苞があり、苞の先はとがります。
花は径4~5cmほどで淡い紅色の5弁花です。
花弁は先端が深く糸状に裂けます。
果実は円筒形の蒴果で熟すと先が4裂し、黒い種子を出します。

〔来歴〕
秋の七草のひとつです。
『万葉集』や『源氏物語』、『枕草子』に登場します。

〔利用〕
全草や種子を薬用とします。
伊勢ナデシコや他のダイアンサス類の交配親となっています。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
日当たりと風通しがよく、水はけのよい土壌を好みます。
土壌酸度は中性から弱アルカリ性とします。
水やりはやや乾燥気味に管理し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
過湿になると根腐れや病気の原因となります。
施肥は春と秋に月1回、緩効性肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。
名前 カワラナデシコ (河原撫子) 、ナデシコ (撫子) 、ヤマトナデシコ (大和撫子)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 40〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
有用 ? 薬用
文化との関わり ? 秋の七草のひとつです。『万葉集』や『源氏物語』、『枕草子』に登場します。
日本花き取引コード ? 14189
検索サイトの検索キー ? カワラナデシコ
エバーグリーンポストでの記事 [カワラナデシコ]乙女湖ロードの高原に淡紅色に映える|ナデシコ科ナデシコ属|エバーグリーン

[十五夜]十五夜に花を飾ろう|エバーグリーン