• そろそろ冬至ですnew
  • フェイスブックページをいいね!しよう。
  • 2017年5月15日

    [ビオラ]あまーいお菓子に変身。元気がなくなったビオラの楽しみ方。|スミレ科スミレ属|エバーグリーン

    あんなに元気に咲いていた寄せ植えのビオラたち。冷たい風の吹く季節から、精一杯きれいに咲いて、春を運んでくれました。汗ばむ季節になった今、役目を終えたように、ビオラたちは少しグッタリ。ダランと伸びてまとまりのない形になってきました。そろそろ夏のお花と交代の時期です。

    元気がなくなったビオラの寄せ植え

    元気がなくなったビオラの寄せ植え

     

    このビオラの寄せ植えは、昨年一年間参加した「花づくり講座」の締めくくりに作ったもの。せっかくなので、最後にもう一花咲かせてあげたいと、あることを思いつきました。

    それは、ビオラでお菓子を作ること。思いついたきっかけは、今年放送開始50周年を迎えるというNHK「趣味の園芸」のアーカイブ放送。番組では、ハーブを取り上げていて、その最後にボリジの花の砂糖漬けが紹介されていたのです。

    「へぇ、お花の砂糖漬け、かわいい!」と調べてみると、ビオラでもできることがわかり、さっそくチャレンジ!

     

    <お花の砂糖漬けの作り方>

    1. 花を10分ほど水にさらしたあと、きれいに水気を拭き取ります。
    2. よくかき混ぜた卵白をハケか指先で、花びらに塗ります。
    3. グラニュー糖を上からパラパラとまきます。
    4. しっかりと乾燥させたらでき上がり。

    きれいに作るコツは、花を摘むとき、茎を少し残して切ること。持ちやすいので、作業が楽ですよ。茎は、使う時に短く切ります。

    ビオラの砂糖漬け

    ビオラの砂糖漬け

     

    砂糖漬けにしたビオラは、キラキラ輝いてとてもきれい。ケーキやクッキー、チョコレートなどの飾りにしたり、ハーブティーや紅茶に浮かべたりすれば、いつものおやつタイムが贅沢気分に。お皿にのせて飾っておくだけでも、かわいくて大満足。幸福なひとときを過ごしました。

    最後までしっかり楽しませてくれたビオラに感謝! 夏に向けて、次はどんな花を育てようかワクワクしています。

     

    • ビオラの花言葉:「誠実」「信頼」「忠実」「少女の恋」

     

    (エバーグリーン編集部 まえだようこ)

    元気がなくなったビオラの寄せ植え