• 紅葉真っ盛り!new
  • 11月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 2018年7月10日

    [コスモス、キバナコスモス]花めぐり7月号|園芸通信|エバーグリーン

    コスモスキバナコスモス

    ピンク、白、ローズのコスモスが風にそよぐ姿は、懐かしい記憶を思い起こさせます。和名は秋桜(あきざくら)といい、なんとも風情がある植物名です。また、コスモスによく似た黄色やオレンジの花を咲かせるキバナコスモスは、コスモスの近縁種にあたります。耐暑性に優れ盛夏でもよく咲くので夏の花壇材料としても使われ、街中を歩くとあちこちで目にするなじみ深い植物です。どちらも本来は日長が短くなったのを感じて花を咲かせる短日植物でしたが、最近では日長に影響されずに開花する品種が多くなりました。タネのまき時期を調整することで多様なアレンジを楽しむことができます。例えば真夏はキバナコスモスを一面に咲かせ、秋ごろにコスモスに交代。もしくは同時に咲かせるなど。今回紹介する施設でも趣向をこらしたコスモス、キバナコスモス畑を楽しむことができます。思い出の中の懐かしい風景を眺めに出掛けてみてはいかがでしょうか。

     


     

    太陽の丘えんがる公園虹のひろば

    園内の全景と園内を周遊する観覧カート。コスモスをゆったりと観賞できる

    園内の全景と園内を周遊する観覧カート。コスモスをゆったりと観賞できる

    太陽の丘えんがる公園虹のひろばは、10ヘクタールの広大な敷地に1000万本のコスモスが咲く日本最大級のコスモス畑です。同園は、平成15(2003)年の開園から地元企業、遠軽高等学校の生徒、町民の皆さんの協力を得ながら維持管理されているそうです。公園を訪れた方々に少しでも気持ちよく美しい花々を楽しんでいただきたいという思いから、毎年延べ2000人以上の町民の皆さんが草取りや花がら摘みをボランティアで行っています。遠軽町の皆さんの思いが詰まったコスモス畑は、今年も美しく咲き誇ることでしょう。コスモス、キバナコスモスの開花に合わせて、8月下旬~10月上旬には「太陽の丘コスモスフェスタ」が開催されます。期間中は楽しいイベントもあるので、ホームページでスケジュールを確認して遊びにいきましょう。

    大輪で花数が多い品種の「スーパービッキ―」。園内で多くの面積を占めるメインのコスモス

    大輪で花数が多い品種の「スーパービッキ―」。園内で多くの面積を占めるメインのコスモス

    どこまでも続きそうな広大なコスモス畑。満開時の様子

    どこまでも続きそうな広大なコスモス畑。満開時の様子

    花弁が貝殻のように筒状になるユニークなコスモス「シーシェル」

    花弁が貝殻のように筒状になるユニークなコスモス「シーシェル」

    カカオのような甘い香りが漂う「チョコレートコスモス」。コスモスの近縁種

    カカオのような甘い香りが漂う「チョコレートコスモス」。コスモスの近縁種

     

    太陽の丘えんがる公園虹のひろば 施設概要

    〒099-0407
    北海道紋別郡遠軽町丸大
    電話番号:0158-42-0488(太陽の丘虹のひろば管理棟)

    • 開園期間:4月28日~10月31日
    • 開園時間:9:00~17:00
    • 入園料:大人300円、小・中学生150円(コスモスの開花時期のみ有料)
    • 駐車場:無料駐車場あり
    • イベント:8月26日~10月8日 太陽の丘コスモスフェスタ、9月9日 歌謡ステージなどのイベント開催予定
    • キバナコスモス、コスモスの見ごろ:8月中旬~9月下旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)
    • サカタ友の会特典:特典なし

     

    太陽の丘えんがる公園虹のひろば

     


     

    国営みちのく杜の湖畔公園

    蔵王連峰を背景にコスモスが咲き広がる

    蔵王連峰を背景にコスモスが咲き広がる

    宮城県柴田郡川崎町にある国営みちのく杜の湖畔公園は、釜房湖のほとりにある広大な国営公園です。開園以来「みちのく公園」の愛称で知られています。東北自動車道、山形自動車道からのアクセスもよく、近くには秋保温泉などの観光地もあることから宮城県内外から多くの観光客が訪れます。同園は3つの特徴あるエリアに分かれいて、花畑や遊具が充実した南地区、ドッグランやパークゴルフを楽しめる北地区、植物観察やトレッキングを体験できる里山地区があります。南地区の花畑では春はシャーレーポピー、秋にはコスモスが咲き広がります。蔵王連峰を背景にした花畑は思わず息をのむ雄大な景色です。同地区にある「だんだん畑」では、赤く色づいたコキアもコスモスと同時期に楽しめます。さまざまなイベントが開催されるのでホームページを確認してぜひお出掛けください。

    どこか懐かしさを覚える淡いピンク色のコスモス

    どこか懐かしさを覚える淡いピンク色のコスモス

    キバナコスモス「レモンブライト」「ブライトライト」の花畑。元気をもらえるビタミンカラー

    キバナコスモス「レモンブライト」「ブライトライト」の花畑。元気をもらえるビタミンカラー

    優しいレモン色の「レモンブライト」

    優しいレモン色の「レモンブライト」

    鮮やかな花色が美しい半八重咲きの「ブライトライト」

    鮮やかな花色が美しい半八重咲きの「ブライトライト」

     

    国営みちのく杜の湖畔公園 施設概要

    〒989-1505
    宮城県柴田郡川崎町小野二本松53−9
    電話番号:0224-84-5991(みちのく公園管理センター)

    • 休園日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌水曜日) 、年末年始(12月31日~1月1日)、ただし4月1日~6月第3日曜日と7月第3月曜日~10月31日は無休
    • 開園時間:3月1日~6月30日 /9:30~17:00、7月1日~8月31日/9:30~18:00、9月1日~10月31日/9:30~17:00、11月1日~2月末/9:30~16:00
    • 利用料金:大人450円、小・中学生無料、シルバー(65歳以上)210円
    • 駐車場:有料駐車場あり
    • イベント:9月15日~10月21日 COKOフェスタ2018
    • キバナコスモス、コスモスの見ごろ:9月中旬~10月下旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)
    • サカタ友の会特典:特典なし

     

    国営みちのく杜の湖畔公園

     


     

    浜離宮恩賜庭園

    コスモスとキバナコスモスの花畑。気分が明るくなるカラフルな色合い

    コスモスとキバナコスモスの花畑。気分が明るくなるカラフルな色合い

    東京都にある浜離宮恩賜庭園は、潮入の池と2つの鴨場を持つ江戸時代の代表的な大名庭園です。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園でよく用いられていた様式です。浜離宮は、この潮入の池や鴨場を中心にした南庭と、明治時代以降に造られた北庭とに大別されます。伝統的な庭園の一角に、春はナノハナ、夏秋はコスモスとキバナコスモスを楽しめる花畑があります。コスモスとキバナコスモスは約30万株が植栽され、初夏はキバナコスモスが一面をオレンジ色に染め上げ、初秋にはコスモスのピンクがじゅうたんのように咲き広がります。高層ビル群を背景に見る花畑は、都会にある同園ならではの特別な風景。電車でのアクセスもよい立地なので、気軽に出掛けることができます。

    ビル群を背景にしたキバナコスモスの花畑。まさに都会のオアシス

    ビル群を背景にしたキバナコスモスの花畑。まさに都会のオアシス

    鮮やかなオレンジ色が美しいキバナコスモス「ディアボロ」

    鮮やかなオレンジ色が美しいキバナコスモス「ディアボロ」

    キバナコスモスが最盛期を迎えるころ、コスモスが少しずつ咲き始める

    キバナコスモスが最盛期を迎えるころ、コスモスが少しずつ咲き始める

    都会の暑さも落ち着く9月中旬にはコスモスが見ごろを迎える

    都会の暑さも落ち着く9月中旬にはコスモスが見ごろを迎える

     

    浜離宮恩賜庭園 施設概要

    〒104-0046
    東京都中央区浜離宮庭園1−1
    電話番号:03-3541-0200

    • 休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
    • 開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
    • 入園料:大人300円、65歳以上150円、小学生以下および東京都内在住・在学の中学生は無料
    • 駐車場:車椅子、障害者のお車、観光バスのみ駐車可能
    • キバナコスモスの見ごろ:7月下旬~8月下旬 コスモスの見ごろ:9月中旬~10月上旬(開花状況は天候により変動するため事前にご確認ください)
    • サカタ友の会特典:特典なし

     

    浜離宮恩賜庭園

     

     

    情報提供:株式会社サカタのタネ

     

     

     

     

    園内の全景と園内を周遊する観覧カート。コスモスをゆったりと観賞できる