雷神木秘話new5月の過去記事いいね!しよう

2019年4月23日

[花の色]あなたの見ている花の色は……|エバーグリーン

みなさんは何色の花が好きですか? 私は……、全部好きです!

人間の目には鮮やかに様々な色で見えている花たち。でも、昆虫やほかの動物たちの目にはどのように見えているのでしょう。直接言葉を交わして尋ねることはできませんが、今までの研究で明らかになっている部分だけでもご紹介しましょう。

青花好きの憧れの的 ヒマラヤの青いケシ

青花好きの憧れの的 ヒマラヤの青いケシ

 

私たち人間に見えているのは、光の中の可視領域といわれる紫色から赤色までです。赤外部と紫外部は目に見えません。ただし、人種による目の色の違いによっても光の感じ方や色彩感覚が違います。

人間と違いミツバチの目には赤色は見えませんが、紫外線を反射して届く色「紫外色」が見えます。紫外線を写すことのできるカメラのレンズとフィルターで、特定の波長の紫外線を発するストロボを使用し花を撮影すると、私たちの目には単純な白色や黄色一色の花に黒っぽい模様が写ります。つまり、ハチの目には一色だけではない模様がある花に見えているのです。私たちの目には明るい黄色一色の花に見えるタンポポは、紫外線を反射した部分が明かるい白っぽい色に、反射しない中央部は黒く写ります。

日本のツバキでは見られない黄色が人気のベトナムツバキ

日本のツバキでは見られない黄色が人気のベトナムツバキ

 

モンシロチョウも紫外色が見える目を持っていることが分かっています。モンシロチョウが好むアブラナ科の植物ナノハナも紫外色を写す機材で撮影すると花の中心部に模様が写ります。モンシロチョウの目にこの模様が何色に見えているかは不明ですが、彼らが模様のある花を見ていることは確かです。この模様は、昆虫たちが「花があるぞ!」と認識しやすいマークのようなものなのです。

植物は種子を作り子孫を残すために花を咲かせています。花粉を媒介し種子作りに貢献してくれる昆虫たちに見つかりやすくすることは、理に適っているといえるでしょう。

 

犬の目は緑・黄色・オレンジはくすんだ黄色に、紫・青は青っぽい色、赤色はグレーに見えているという研究結果もあります。人間がクリスマスに赤と緑の鮮やかなポインセチアを楽しんでいるとき、犬はくすんだ黄色一色のポインセチアを見ているのです。彼らが住む世界は黄色・青色・グレーの世界だとして、カラフルな犬用玩具が沢山売られているけれど、これはどうやら人間の自己満足なのかな。

 

渋谷区ふれあい植物センター 宮内元子

青花好きの憧れの的 ヒマラヤの青いケシ