山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ポインセチア

トウダイグサ科 トウダイグサ属

Euphorbia pulcherrima

〔基本情報〕観葉植物として栽培され、自生地では3~5mの高さになる常緑低木。
茎や葉を傷つけると乳白色の乳液が出ます。
葉は互生する単葉で、長さ10~15cmほどの卵形~楕円形です。
葉の縁は円鋸歯状となるか、大きな突起状になります。
葉は枝先では輪生状になり、花弁のように着色して苞葉となります。
苞葉はふつう鮮紅色ですが、白、黄、複色のものなどさまざまです。
苞葉の中心に小さな花をつけます。
花は径7mmほどの杯状花序につき、緑色の壺形の総苞に包まれていて、花被はありません。
茎先に15~25花序かたまってつきます。

〔来歴〕1825年に駐メキシコ米大使のポインセット(J. R. Poinsett)によってアメリカに導入され、名もこの人物に由来します。
その後ヨーロッパに普及し、日本には明治時代中頃に渡来しました。

〔栽培〕増殖は挿し木によります。
日当たりがよく、水はけと水もちがよい肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと下葉が落ちます。排水が悪いと高温期に根腐れすることがあります。
春~秋の生育期間中は土の表面が乾いたら水を与え、月に1度化成肥料を与えます。
冬は控えめな潅水で管理し、開花中は週に1回液肥を与えます。
4月中頃に茎の下から2~3節を残して大きく切戻すと、その後の草姿がバランスよくなります。
寒さに弱いため15℃以下になる秋口には室内に取り込みます。
暖房の風が直接当たると乾燥して葉が落ちます。
短日植物のため、日に当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かず、苞葉がきれいに色づきません。そのため9月下旬以降、苞葉が色づくまでは夜間の人工照明に当てないよう、17時以降は毎日朝まで段ボール箱などをかぶせて光を遮断します。
病害虫としてはオンシツコナジラミやカイガラムシがあります。
名前 ポインセチア 、ショウジョウボク (猩々木)
poinsettia
花咲く季節 ? 11月、12月、1月
分布または原産地 ? メキシコ~中央アメリカ
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 6月、7月
草丈・樹高 ? 3000〜5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 杯状花序
花の色 ? 黄白
葉の色 ? 赤、橙、黄白、緑、桃、複色
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
虫害 ? オンシツコナジラミ、カイガラムシ
日本花き取引コード ? 14411
検索サイトの検索キー ? ポインセチア
エバーグリーンポストでの記事 [ポインセチア]寒いのが苦手なポインセチア|トウダイグサ科トウダイグサ属|エバーグリーン

[花の色]あなたの見ている花の色は……|エバーグリーン

[ポインセチア]冷やすな ポインセチア|トウダイグサ科トウダイグサ属|エバーグリーン

[ハヤトウリ]不思議な存在感を楽しもう|ウリ科ハヤトウリ属|エバーグリーン