• オリーブの葉でいれるお茶new
  • 12月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 2016年3月8日

    春のお花でフラワーデザインにチャレンジ(準備編)

    こんにちは。エバーグリーン編集部のまえだです。

    先日、私が参加しているボランティアサークルの活動の一環として、フラワーデザイン教室が開催されました。フラワーアレンジメントは初めての私。楽しみ半分、ちょっぴり不安な気持ち半分で参加しました。

    まずは、生花用の給水スポンジ、オアシスを器にセット。受講者がそれぞれ持ってきた器に、あらかじめバケツの水につけて置き、たっぷり水を吸ったオアシスを入れます。

    オアシスは、動かないようぴったりのサイズにして押し込みます。器から指2本分くらい見える程度の高さにし、角を削って面取りをしておくと、花が挿しやすいのだそう。

    オアシス

    オアシス

    講師のKさんが使っているフローリストナイフ。切れ味がよくてカッコいいこのナイフ、フラワーデザイナーさんは、花や枝を切る時もこれを使うんですって。ハサミと違って枝の断面をつぶすことなくキレイに切ることができるので、生花の持ちがよくなるそうですよ。

    今回の花材は、右から

    ラナンキュラス(2本)、ガーベラ(2本)、チューリップ(3本)、スイートピー(3本)、ピットスポラムビバーナム

    花材

    花材

    私は、ラナンキュラスとガーベラのどちらもピンクを選びましたが、黄色やオレンジ、濃いピンクなどを選ぶ方参加者もいて、お花の選び方にもその人の趣味やセンスが現れているようです。

    このお花たちが組み合わさって、どんな作品に仕上がるのかドキドキわくわく!

    次回は、いよいよ作品を作ります。お楽しみに!

     

    エバーグリーン編集部オススメサイト

    •  これがなくては、花屋さんも仕事にならない!?

    オアシスの使い方(花の情報局)

    • なぜか童心に返ります。

    チューリップの名所(花の名所案内)

    • 紀子さまと眞子さまも注目されているようですよ。

    紀子さまと眞子さま フラワーデザイン展に(NHKニュース)


    オアシス