飯綱神社new10月の過去記事インスタ

2021年8月11日

[クサボタン]羽根をつけた実で装いを変えるクサボタン|キンポウゲ科センニンソウ属|エバーグリーン

私が初めて「クサボタン」に出あったとき、その実(写真3、4枚目)を見て「変った花だなあ」と思いました。

名前の由来は、葉が牡丹のそれに似ていることからです。「クサボタン」は写真の如く可憐な花ですが、花が終ると様子が一変します。実に羽根を付けたようになるので、違う植物かと勘違いしてしまったほどです。

クサボタン上

写真上下ともクサボタン

写真上下ともクサボタン

 

この痩果(そうか)は長さ2~3.5mmの痩せ倒卵形で、15~20mmの花糸が残ります。この花糸に斜め上向きの細くて長い毛が付き、それが羽根のように見えます。

クサボタンの実(9月中旬西沢渓谷にて)

クサボタンの実(9月中旬西沢渓谷にて)

クサボタンの実(拡大)

クサボタンの実(拡大)

 

淡い香りのほか、葉、茎、花、実、それぞれの手触りが楽しめる草花の一つです。風に揺れる花や実を愛でるとともに、ぜひ、香りや触角も体験してみてください!

 

山梨市森林セラピー推進協議会 森林セラピスト / 四十物治夫(あいものはるお))


 

クサボタンの実(拡大)