レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

クサボタン

キンポウゲ科 センニンソウ属

Clematis stans var. stans

〔基本情報〕山地の林縁や草地などでみられる高さ0.5~1mの落葉低木。
茎は淡い紫褐色で、直立します。
葉は対生する1回3出複葉です。
小葉は長さ5~14cm、幅3~11cmの広卵形で、浅く3裂し、縁に粗い鋸歯があります。
葉の表面に光沢はなく、葉脈がへこみます。
長さ4~20cmの葉柄をもちます。
今年伸びた枝の先や葉腋に複集散花序を出し、多数の花を下向きに咲かせます。
花には雄花と雌花があり、淡い青紫色で、花弁状の萼片が4個めだちます。
萼片は強く反り返ります。
花柄は長さ0.3~1cmです。
果実は長さ2~3.5mmの痩果です。
果実には雌しべの花柱が長く伸びて残り、毛を密生させて羽毛状になります。

〔利用〕有毒ですが、全草を薬用とします。

〔栽培〕増殖は挿木によります。
挿木は花後にのびた新しいつるを、表面がかたくなるころに切り取って挿します。
日当たりと水はけ、風通しの良い場所で、肥沃な土壌を好みます。
株元に強い西日が当たる場所や乾燥する場所は避けるようにします。
真夏の高温多湿にもやや弱いので、鉢植えの場合は半日陰で風通しがよく涼しい場所に移します。
乾燥が苦手なので、水やりは乾きすぎないように注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は花後と秋に有機質の肥料を置き肥します。
つるがよく伸びるので支柱などに誘引します。
新枝に花芽がつき、秋以降に大きく剪定すると翌年に花が咲かなくなるので、剪定はなるべく避けるか、軽く枝先を整える弱剪定とします。
病虫害は特にありません。
名前 クサボタン (草牡丹)
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道:西南部、本州)
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複集散花序
花の色 ? 青、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? ロックガーデン、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 16721
検索サイトの検索キー ? クサボタン
エバーグリーンポストでの記事 [クサボタン]羽根をつけた実で装いを変えるクサボタン|キンポウゲ科センニンソウ属|エバーグリーン