鶴のような葉をしたマイヅルソウnew4月の過去記事

2019年4月9日

[バラ]花めぐり4月号|園芸通信|エバーグリーン

バラ

「日本人が好きな花」の筆頭はいつもサクラです。しかしながら、自分で栽培したり、切り花を飾る「愛好家の数」では、バラが圧倒的に第1位。日本はもちろんのこと、世界中で一番、愛されている花は、バラといえるでしょう。関東ではゴールデンウイークを過ぎると春バラの季節です。温暖化のためでしょうか、年々、春バラの開花時期が早まっているという報告が各地のバラ園から届いています。今はインターネットで、いつが見ごろになるか、事前に正確な情報が伝えられるようになりました。一番の見ごろは、一番混雑する時期でもあります。バラの品種には早咲きから遅咲きまでありますし、バラと一緒に咲く花が、この季節には刻一刻と主役脇役が交替していきます。あえて混雑するピークを避けたり、何度も足を運ぶのも、春のバラ園ならではの楽しみ方です。

 


 

横浜イングリッシュガーデン

シックで香り高い、ローズ&クレマチスガーデン

シックで香り高い、ローズ&クレマチスガーデン

横浜市の花である「バラ」を基調とし、横浜で楽しむことができる、園芸文化の薫る庭づくり。野生種からオールド・ローズ、モダン・ローズと多岐にわたる1800種類のバラを中心に、横浜の気候風土に合った草花や樹木をちりばめて、春の芽吹きから枯れゆく秋の自然の風景を何年もかけて育てています。特に香り高い四季咲きのバラをふんだんに使い、春から秋までバラを楽しむことができるイングリッシュガーデンです。2018年夏にデンマーク・コペンハーゲンにて開かれた第18回世界バラ会連合会議にて、栄誉ある「世界バラ会連合 優秀庭園賞」を横浜イングリッシュガーデンが受賞しました。日本では8園目、神奈川県の施設としては初の受賞です。

白バラが主役、ローズ&ペレニアルガーデン

白バラが主役、ローズ&ペレニアルガーデン

桃、青、紫のバラ、ローズ&ハーブガーデン

桃、青、紫のバラ、ローズ&ハーブガーデン

アンティークな印象の、ローズ&グラスガーデン

アンティークな印象の、ローズ&グラスガーデン

7色のバラが彩る、ローズ&シュラブガーデン

7色のバラが彩る、ローズ&シュラブガーデン

 

横浜イングリッシュガーデン 施設概要

〒220-0024
神奈川県横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park内
電話番号:045-326-3670

  • 休園日:年末年始
  • 開園時間:10:00~18:00(入園は17:30まで、季節によって早朝プレミアム開園あり、冬季は日没までで閉園)
  • 入園料:大人500~1200円、小・中学生200~600円(季節によって変動します)
  • 駐車場:有料駐車場あり
  • 春バラの見ごろ:5月上旬~6月中旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)

 

横浜イングリッシュガーデン

 


 

花菜ガーデン

野生種とその交配種

野生種とその交配種

2010年(平成22年)3月に開園、正式名称は「神奈川県立花と緑のふれあいセンター」、「花菜(かな)ガーデン」は一般公募による愛称です。農業や園芸を楽しみながら学べる施設として、ハナモモやサクラ、クレマチスなど四季折々の花々が植栽されている「フラワーゾーン」と、田植えや野菜の収穫体験ができる「アグリゾーン」、展示室や調理室、図書室などがある「めぐみの研究棟ゾーン」の3つに分かれています。「フラワーゾーン」にあるバラ園・薔薇(ばら)の轍(わだち)は、野生種からモダンローズまで約1540品種、約2630株を植栽。品種改良の歴史に沿ってご覧いただける“歴史園”になっています。バラと育種家がたどった道のりを、車の通った両輪の跡=轍に例え“薔薇の轍”と名付けられました。

オールドローズ

オールドローズ

モダンローズ

モダンローズ

ミニバラとミニツルバラ

ミニバラとミニツルバラ

クライミングとシュラブローズ

クライミングとシュラブローズ

 

花菜ガーデン 施設概要

〒259-1215
神奈川県平塚市寺田縄496-1
電話番号:0463-73-6170

  • 休園日:7、8月の第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日)、12~2月の毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日
  • 開園時間:9:00~17:00(季節によって変動します)
  • 入園料:大人220~880円、高校生・学生・20歳未満および65歳以上110~550円、小学生・中学生110~300円(季節によって変動します)
  • 駐車場:有料駐車場あり
  • 春バラの見ごろ:5月中旬~6月上旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)

 

花菜ガーデン

 


 

京成バラ園

世界に誇れるバラの作出と日本にバラの文化を広めたいとの思いから1959年(昭和34年)に設立された京成バラ園芸。以来、コンクールにおいて多くの賞に輝き、また世界中の著名なバラを日本に紹介、バラ文化の普及に貢献しています。1999年(平成11年)、ローズガーデンを中心にローズショップ、レストラン、ガーデンセンター、イベントスペースなど、バラをコンセプトとした複合施設としてリニューアルした京成バラ園。園内には1600品種1万株を超えるバラを中心にさまざまな樹木、草花が植栽されています。バラは系統別に、アーチ、スクリーン、パーゴラ、ポールなどで演出、その魅力を伝えています。バラを美しく見せる演出は毎年追加され、ファッション誌などの撮影にも頻繁に利用されています。

 

京成バラ園 施設概要

〒276-0046
千葉県八千代市大和田新田755
電話番号:047-459-0106

  • 休園日:5、6、10、11月は無休(臨時休業の場合あり) ※その他の月は公式サイトにてご確認ください
  • 開園時間:5、6月 9:00~18:00(入園は閉園30分前まで) ※ 〃
  • 入園料:大人300~1200円、65歳以上200~900円、小学生・中学生100~200円(季節によって変動します)
  • 駐車場:有料駐車場あり
  • 春バラの見ごろ:5月中旬~6月上旬(開花状況は気温により変動するため事前にご確認ください)
  • 秋バラの見ごろ:10月中旬~11月上旬( 〃 )

 

京成バラ園

 

 

情報提供:株式会社サカタのタネ

 

 

 


シックで香り高い、ローズ&クレマチスガーデン