• 若い芽は摘む!new
  • 3月の過去記事
  • いいね!しよう
  • 2019年2月25日

    [ラベンダー]Totさんの“ハーブ活用術”Vol.3 ハーブの女王ラベンダー|シソ科ラベンダー属|エバーグリーン

    今回は「ハーブの女王」といわれているラベンダーのご紹介です。

    歴史上最も古くから使われてきたハーブの一つで、その名は古代ローマ人が沐浴や洗濯に利用していたことから、「洗う」を意味するラテン語「ラヴァレ」に由来します。

    ラベンダー

    ラベンダー

    ラベンダーの花を摘んだもの

    ラベンダーの花を摘んだもの

     

    ラベンダーのハーブティーはリラックス効果抜群で、シャープですがすがしい風味と甘い香りが特徴です。香りが強すぎる場合は、薄めに入れて蜂蜜などの甘味を加えると飲みやすいです。

    乾燥させた花は岩塩などと混ぜると、バスソルトになります。筋肉痛や頭痛のほか、ニキビや火傷、切り傷や虫刺されなどのお肌のトラブルにも効果的です。

    ラベンダーとヒマラヤ岩塩のバスソルト

    ラベンダーとヒマラヤ岩塩のバスソルト

     

    ラベンダーを入れたボールに熱湯を注ぐと、お手軽に芳香浴もできます。蒸気が空気中に拡散しお部屋の乾燥を防ぎます。また、殺菌作用があるので室内を除菌する効果もありますよ。

    ボールに熱湯を注ぎます

    ボールに熱湯を注ぎます

     

    ドライフラワーで作ったサシュは、クローゼットに入れると殺菌・防虫効果があります。一方、枕元に置いたり、アイピローに使うと高いリラックス効果が得られます。また、車の中に置くと車酔いの予防にもなるのです。

    ドライフラワーのサシュ

    ドライフラワーのサシュ

    ラベンダーの香りは疲れを癒し、不安や緊張をほぐして気持ちを穏やかに整えてくれます。風邪のひきはじめや、頑張り過ぎて疲れたときなどに効果的なハーブといえます。

     

    (メディカルハーブコーディネーター Tot)

    ラベンダーの花を摘んだもの