ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

2017年7月5日

[マツバギク]お日様大好き! ピンクがまぶしい夏の花マツバギク|ハマミズナ科マツバギク属|エバーグリーン

わがやの庭では、春先から咲き始めたマツバギクが、地面を這うようにいっぱいに広がっています。

庭の地面を這うように咲くマツバギク

庭の地面を這うように咲くマツバギク

 

マツバのような棒状の花びらを持つことから、その名が付いたマツバギク。たくさんの細い花びらを広げた小さな花と、多肉植物のような丸みを帯びた濃い緑の葉が特徴です。わがやのマツバギクは濃いピンク色ですが、他にも赤や白、紫、オレンジ、黄色などたくさんの色の花を咲かせます。

最近は、地面を這うように広がる性質を活かして、グランドカバーやロックガーデンなどによく使われているところを目にします。私の友人は、テラスの植木棚の最上段に鉢を置いて、たらすようにマツバギクを咲かせています。

 

ところで、マツバギクはマツバボタンとよく間違えられます。棒状の花びらのマツバギクと違って、マツバボタンはヒラヒラした花びらで八重咲や一重咲きとずいぶん形が違います。しかし、お日様を好むところ、葉の形状がとてもよく似ているためでしょうか。実は、マツバボタンは別名ヒデリソウと呼ばれているのですが、私は、子どもの頃から、マツバギクがヒデリソウだと思い込んでいました。

マツバボタン

マツバボタン

暑さに負けず咲くマツバギク

暑さに負けず咲くマツバギク

 

わが家の夏の庭で力強く咲き誇るマツバギクを見て、ヒデリソウという名がぴったりだと思い込んでいた私は、ヒデリソウはマツバボタンと気づいたときは、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

しかし、マツバギクがヒデリソウでなくても、美しいことに代わりありません。「名前を勘違いしていたのは、おまえさんの勝手だよ」と言わんばかりに、ひとつひとつの花が存在感を主張しながら地面を覆う勢いで咲き誇っています。太陽がギラギラと照りつけるほどに、負けるものかと花開くたくましい姿に、この夏も元気をもらえそうです。

 

エバーグリーン編集部オススメサイト

  • 間違えるのは私だけはないようです。

マツバギク(365花撰)

  • お日様と仲よしの花はほかにもたくさん。

夏の花でガーデニング!人気の種類15選(ホルティ)

 

(エバーグリーン編集部 まえだようこ)


暑さに負けず咲くマツバギク