ヤマユリnew8月の過去記事インスタ

2021年6月21日

[トリガタハンショウヅル]風に揺れる花で気付きます|キンポウゲ科センニンソウ属|エバーグリーン

馴染の薄い「トリガタハンショウヅル」を紹介します。漢字で「半鐘蔓」と書きます。キンポウゲ科センニンソウ属のつる性低木で本州から九州に分布し、山野の林縁などに生えます。

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたハンショウヅル(5月下旬)

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたトリガタハンショウヅル(5月下旬)

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたトリガタハンショウヅル(5月下旬)

 

西沢渓谷のトリガタハンショウヅルは、写真のように薄い紫色の花です。6月になると紫色が若干濃くなる感じがします。低地などのハンショウヅルとはまた違った趣になります。

トリガタハンショウヅルは長い蔓が垂れ下がり、そこに花や葉っぱが付くので少しの風でもユラユラするため、花が地味なわりにはすぐに気付かせてくれます。『こっちを見て!』と主張しているように思えてなりません。その揺らぎが気持ちをほぐしてくれます。

 

手の届く眼前に花や葉っぱが垂れ下がっているものもありますので、微かな花の香りや葉っぱ、茎、花柄、葉柄の手触りも楽しめますよ!

 

山梨市森林セラピー推進協議会 森林セラピスト / 四十物治夫(あいものはるお))


 

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたトリガタハンショウヅル(5月下旬)