いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

コブシ

モクレン科 モクレン属

Magnolia kobus

〔基本情報〕
谷沿いなどの水分の多い肥沃な場所で多くみられる高さ15m以上、幹径50cm以上になる落葉高木。
新しい枝を折ると香りがあります。
冬芽は軟毛に覆われ、花芽は葉芽よりも数倍大きくて銀白色の長い軟毛に覆われます。
葉は互生する単葉で、長さ6~15cm、幅3~6cmの倒卵形で基部がくさび形に細まり、葉先は短く突き出てとがります。
葉の表側は葉脈に沿ってへこんでシワになり、葉の裏面の脈上には少し毛があります。
葉の縁は全縁で少し波打ちます。
葉はかむと辛味があります。
葉柄は1~1.5cmです。
葉柄の基部に枝をとりまくように托葉痕があります。
葉は秋に黄葉します。
葉が出る前に花が咲きます。
花は径7~10cmほどで白色の6弁花で、芳香があります。
花の基部に一枚の葉をつけるのが特徴です。
果実は長さ7~10cmのいびつな長楕円形になる袋果で、熟すと割れて、赤い種子が白い糸状組織でぶら下がります。

〔来歴〕
ヤマザクラと同じく、開花が農作業をはじめる目安とされ、田打桜、種蒔桜、田植桜などの別名があります。

〔利用〕
蕾を辛夷(しんい)とよび、生薬にします。
材は家具や細工物に利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生か接木によります。
実生の場合、開花まで長い場合10年以上かかります。
日当たりと水はけがよく、土層が深い肥沃な場所を好みます。
大きく育つため、十分なスペースが必要です。
潮風や大気汚染に弱いです。
成木での移植は困難です。
病虫害は比較的少ないですが、カイガラムシ、カミキリムシがあります。
名前 コブシ (辛夷) 、キタコブシ (北辛夷) 、エゾコブシ (蝦夷辛夷)
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道-九州)、済州島
ハーディネスゾーン ? 5a;10b
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、3月
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 6
花の色 ?
花径 ? 70〜100mm
実の色 ? 赤、橙
葉の色 ? 黄、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 公園・庭園、街路樹
虫害 ? カイガラムシ、カミキリムシ
有用 ? 薬用、その他クラフト
文化との関わり ? ヤマザクラと同じく、開花が農作業をはじめる目安とされ、田打桜、種蒔桜、田植桜などの別名があります。
日本花き取引コード ? 19369
検索サイトの検索キー ? コブシ