山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

シクラメン

サクラソウ科 シクラメン属

Cyclamen persicum

〔基本情報〕単にシクラメンという場合、Cyclamen persicumとその園芸品種を指すことがほとんどなため、ここでは本種について解説します。
多年草。
やや平らな球形の塊茎をもちます。
葉は根出する単葉で、ふつう心臓形、表面には銀白色の斑紋があります。
葉の縁には歯牙があります。
長い花茎の先に1個、下向きに花をつけ、花冠は5裂し、上に反り返ります。
花色は白~赤色までさまざまで、ふつう花冠の基部が紫色になります。
花には本来芳香がありますが、多くの園芸品種では失われています。
受精すると花茎が下方に曲がります。

〔来歴〕1731年に東インド会社によってキプロスからイギリスに導入されたのがはじまりとされています。

〔栽培〕花の咲く時期には日光によく当てるようにします。
夏の直射日光と高温多湿を嫌います。
土の表面が乾いたらたっぷりと与えますが、葉や花に水がかかるといたむため鉢の縁から静かに与えます。
夏の暑さに弱いため一般的には初夏に葉が枯れて休眠にはいります。
休眠時は日陰で風通しの良い場所で水を与えずに、葉が出てくるまで夏越しさせます。
冷涼地で休眠に入らなかった場合は半日陰で水やりをしながら夏越しさせます。
葉が大きくなってくると、葉の下のつぼみに日が当たらず枯れてしまうことがあります。株元とより多くの葉に日が当たるように葉の位置を調整する葉組みをおこなうとよいです。
冬は暖房の風が当たらない日がよく当たる窓ぎわなどに置くとよいです。
凍結には注意が必要です。
花や葉が枯れてきたら根元からこまめに摘み取ります。
病害虫としては灰色かび病、軟腐病、萎凋病、ホコリダニ、アブラムシ、アザミウマなどがあります。

〔備考〕別名のブタノマンジュウは塊茎の形から、カガリビバナは花の形からつけられました。
名前 シクラメン 、ブタノマンジュウ (豚の饅頭) 、カガリビバナ (篝火花)
花咲く季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月、4月
分布または原産地 ? 地中海沿岸地域東部(ギリシャ、トルコ、キプロス、レバノン)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 赤、黄白、桃、複色
葉の色 ? 複色
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? 灰色かび病、軟腐病、萎凋病
虫害 ? ホコリダニ、アブラムシ、アザミウマ
検索サイトの検索キー ? シクラメン
エバーグリーンポストでの記事 [シクラメン]冬といえばシクラメン。なかでも育てやすいのがシクラメン コウム|サクラソウ科シクラメン属|エバーグリーン

[花殻]花殻摘み、やってる?|エバーグリーン

[シクラメン]ちょっとした管理で長持ち|サクラソウ科シクラメン属|エバーグリーン

[ハヤトウリ]不思議な存在感を楽しもう|ウリ科ハヤトウリ属|エバーグリーン

[シクラメン]冬になると気になる花|サクラソウ科シクラメン属|エバーグリーン