• アカマツとケヤキの相生の樹new
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 編集記事一覧
  • 2018年7月16日

    [シモツケソウ]ふわっとはじけた姿がかわいい|バラ科シモツケソウ属|エバーグリーン

    今回は、山地の草原などの明るい場所でよく見られる「シモツケソウ」を紹介します。

    シモツケソウ

    シモツケソウ

    バラ科シモツケソウ属の多年草で、日当たりの良いところを好みます。西沢渓谷でも林が途切れたところや、岩場の樹木が少ないところに群生しています。

    根茎は太く、茎は高さ30cm〜1mにもなります。葉は5〜9個(奇数)で、中ほどから深く裂けたような掌状をしており、互生します。頂部の小葉が大きいのが特徴です。

    縁には鋸歯(きょし)と切れ込みがあり、裂片の先は鋭く尖っています。基部は心形です。

    ふわふわとした花

    ふわふわとした花

    線香花火がはじけたような蕾と花

    線香花火がはじけたような蕾と花

    ピンク色の花

    ピンク色の花

    花期は7〜8月で、茎の頂に紅色(ときには白色)の花を付けます。径は4〜5mm程度です。萼裂片(がくれつへん)は反曲(はんきょく)して、花弁は卵円形で、いくつかの歯牙があります。

    シモツケソウ(エバーグリーン植物Q&A)

    シモツケソウ(エバーグリーン植物Q&A)

     

    山梨市森林セラピー推進協議会 森林セラピスト / 四十物治夫(あいものはるお))


    線香花火がはじけたような蕾と花