秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

ハクサンオミナエシ

スイカズラ科 オミナエシ属

Patrinia triloba var. triloba

〔基本情報〕
山地の岩場にはえる高さ20~60cmの多年草。
横に這う地下茎があります。
茎は直立します。
葉は対生し、長さ10cmまで、幅3~10cmの広卵形となり、掌状に3~5裂し、裂片には欠刻または歯牙があります。
茎の先に集散花序を出し、多数の花をつけます。
花は径5mmで黄色く、花冠は5裂して、下部に小さな目立たない距があります。
雄しべは4個あります。
果実には翼があります。
名前 ハクサンオミナエシ (白山女郎花) 、コキンレイカ (小金鈴花)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州:東北地方日本海側~北陸地方)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? キンレイカ
草丈・樹高 ? 200〜600mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 歯牙、欠刻
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花径 ? 5mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハクサンオミナエシ
エバーグリーンポストでの記事 [ツクバネウツギ]羽子板の羽根を見つけよう|スイカズラ科ツクバネウツギ属|エバーグリーン

[オミナエシ]オミナエシ〜秋の七草の黄色い花|スイカズラ科オミナエシ属|エバーグリーン

[コキンレイカ]鮮やかで可憐な花|スイカズラ科オミナエシ属|エバーグリーン