山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ダイコン

アブラナ科 ダイコン属

Raphanus sativus var. hortensis

〔基本情報〕栽培起源とされる越年草。
原産地は不明ですが、原種と思われるものが地中海沿岸地域に多いといわれます。
葉は根出してロゼット状につき、多くは羽状に全裂するか羽状複葉となりますが、全縁のものもあります。
花は茎先の総状花序につき、白色の4弁花です。
果実は長角果で種子と種子の間がくびれ、先端が長く嘴状になり、熟しても裂開しません。
根の形は栽培品種によって様々で、
宮重ダイコンや三浦ダイコンなど太く長い円筒形のもの
守口ダイコンのように長さ1m以上になる細く長いもの
桜島ダイコンのような扁球形のもの
聖護院ダイコンのような長球形のもの
などがあります。
根はふつう地中に埋まりますが、上部が地上に伸びてくるものもあります。
外皮の色もふつうは白色ですが、紅紫色や緑色、黒色もあります。

〔来歴〕中央アジアが起源のひとつでそこから中国や地中海沿岸に分かれていったとされます。
日本では700年代に記録としてあらわれます。

〔利用〕肥大した根を食用とします。
スズシロともよばれ、春の七草のひとつとして七草粥に入れられます。

〔栽培〕増殖は実生によります。
酸性土壌を嫌うので、石灰を施します。
直根性のため、深く丁寧に耕す必要があります。
冷涼な気候を好み、真夏は病虫害をうけやすくなります。
名前 ダイコン (大根) 、スズシロ (蘿蔔、清白) 、オオネ (大根)
Daikon
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、8月、9月
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇、コンテナ、ベランダ
食用 ?
有用 ? 食用
物日の関わり ? 年中行事 人日
日本花き取引コード ? 23501
検索サイトの検索キー ? ダイコン
エバーグリーンポストでの記事 [ダイコン]お庭レシピ 第28回 ダイコンのあっさり酢漬け|アブラナ科ダイコン属|エバーグリーン

[ダイコン]古今東西 ご神木巡礼 番外編〜湯島聖天・心城院のダイコンの神紋|アブラナ科ダイコン属|エバーグリーン

[キュウリ]お庭レシピ 第16回 キュウリで楽しむ東欧風ピクルス|ウリ科キュウリ属|エバーグリーン