レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

タチバナ

ミカン科 ミカン属

Citrus tachibana

〔基本情報〕海岸に近い山地の常緑樹林内でみられる高さ2~6mになる常緑小高木。
若い枝は緑色で、やや扁平、0.5~1cmほどの太く鋭い刺があります。
葉は互生し、長さ4~8cm、幅2~4cmの卵状長楕円形~卵状楕円形で、縁は全縁または浅い鋸歯があります。
葉は単葉のようですが、複葉が退化したもので、ごく狭い翼葉があります。
葉柄は長さ0.4~1cmです。
花は新しい枝の葉腋に単生し、白色の5弁花で芳香があります。
花弁は長さ0.8~1cmです。
多数の雄しべが花糸の中部まで合生し雄ずい筒をつくります。
果実は長さ2~2.5cm、径2.5~3cmの扁平な球形で、黄色く熟します。
果汁は酸味が強く、生で食べるには向きません。

〔来歴〕寺社の境内に古くから植えられます。
常緑であることから「永遠」をイメージするので喜ばれます。
古事記・日本書紀にある不老不死の霊薬「非時香菓(トキジクノカクノコノミ)」がタチバナを指すことから、京都御所の紫宸殿には右近の橘として植えられています。
実と葉を家紋としてもちいます。
また、文化勲章は橘をデザインしています。

〔利用〕他のカンキツ類の台木として用いられます。

〔栽培〕増殖は接木によります。
寒さを嫌うので、冬の北風をさけられる建物の南側に植えるとよいです。
庭木として用いる場合、関東南部以西の冬季でも温暖な地方に向きます。
それ以外の地方では鉢植えがよいです。
日当たりと水はけ、水もちのよい場所を好みます。
幼木のうちは移植容易ですが、成木では困難です。
水やりは地植えの場合、晴天が続いて乾燥しないかぎりは必要ありませんが、幼木のうちは夏によく水を与えて枝をよく伸長させると生育が早くなります。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春と秋に有機質の肥料か速効性がある化成肥料を施します。
枝が繁りすぎて、樹冠の内部が日照不足となると枝が枯れます。
枯れ枝は病虫害の原因となり、実つきも悪くなることから、3月頃に適度に製枝・剪定し、内部まで日が当たるようにします。
実が多くついた場合は7~8月に摘果をおこないます。
病虫害としてはミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシなどがあります。
アゲハチョウの食草です。
名前 タチバナ (橘) 、ハナタチバナ (花橘) 、ヤマタチバナ (山橘) 、ヤマトタチバナ (大和橘) 、ニッポンタチバナ (日本橘)
tachibana orange
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 11月、12月、1月
分布または原産地 ? 日本(本州:愛知県以西、四国、九州、南大東島)
指定植物 ? NT:準絶滅危惧
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 2000〜6000mm
葉の形 ? 特殊
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
虫害 ? ミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ
香り ? 柑橘系
二十四節気、七十二候 ? 小雪 末候
動物との関わり ? アゲハチョウの幼虫の食草
日本花き取引コード ? 67820
検索サイトの検索キー ? タチバナ
エバーグリーンポストでの記事 [タチバナ]古今東西 ご神木巡礼 番外編〜橘樹神社のタチバナ|ミカン科ミカン属|エバーグリーン

[ひなまつり]雛祭りと祈りの植物|エバーグリーン