ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

イモカタバミ

カタバミ科 カタバミ属

Oxalis articulata

〔基本情報〕空き地や道端などでみられる高さ8~30cmの多年草。
地下に径3cmほどの球状の塊茎があります。
塊茎のまわりに小塊茎ができます。
葉は塊茎から叢生し、3小葉からなります。
小葉は長さ・幅とも1.5~4cmの倒心臓形で先端がへこみ、ハート形になります。
葉の裏面には淡い黄褐色の斑点があります。
葉には8~30cmの葉柄があります。
葉よりも高く散形花序を出し、10~20個の花をつけます。
花は径1.5cmほどで、紅紫色に濃い色の筋がある5弁花です。
花色には幅があります。

〔来歴〕観賞用として導入され、1967年に帰化が報じられました。
名前 イモカタバミ (芋片喰) 、フシネハナカタバミ (節根花片喰)
pink-sorrel、windowbox wood-sorrel
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
分布または原産地 ? 南アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 80〜300mm
葉の形 ? 3出複葉
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 50756
検索サイトの検索キー ? イモカタバミ
エバーグリーンポストでの記事 [シロツメクサ、カタバミ]クローバーとカタバミ|エバーグリーン