モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

ニガウリ

ウリ科 ニガウリ属

Momordica charantia

〔基本情報〕日本では一年草として扱うつる性の多年草。
つるは長さ4~5mにもなります。
葉は互生し、掌状に5~9裂します。
花は黄色で雄花と雌花があります。
果実は長さ15~50cmで、細長い紡錘形~ずんぐりした形まで変化があります。
果皮は無数の細かいイボに覆われます。
果実は熟すと黄色くなり、裂開して、種子が顔を出します。
完熟した種子の表面は赤いゼリー状の仮種皮に覆われます。

〔来歴〕日本へは観賞用として江戸時代の慶長年間以前に中国から渡来しました。

〔利用〕果実を野菜として利用します。
名前 ニガウリ (苦瓜) 、ツルレイシ (蔓茘枝) 、ゴーヤ
bitter melon、bitter gourd、bitter squash、balsam-pear
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 東インド~熱帯アジア
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花の色 ?
実の色 ? 黄、緑、白
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 23508
検索サイトの検索キー ? ニガウリ
エバーグリーンポストでの記事 [ガーデニング]美味しく! 楽しく! ベランダガーデニング~パート3~|エバーグリーン

[ハヤトウリ]不思議な存在感を楽しもう|ウリ科ハヤトウリ属|エバーグリーン