筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ワレモコウ

バラ科 ワレモコウ属

Sanguisorba officinalis

〔基本情報〕
日当りのよい山地の草原などにみられる高さ30~100cmの多年草。
茎は細くてかたく、上部で枝分かれします。
葉には根出葉と茎に互生する葉があり、ともに5~13枚の小葉からなる奇数羽状複葉です。
小葉は楕円形で、縁に粗い鋸歯があります。
枝先に長さ1~2.5cm、径0.5~1cmで卵形~円柱形になる穂状花序を直立させ、小さな花が密について花穂の上から咲きます。
花には花弁はなく、萼と4本の雄しべが濃い赤紫色です。
果実は痩果です。

〔利用〕
根茎は地楡(チユ)とよび、生薬にされます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
日当たりと水はけ、風通しがよく、やや湿り気のある肥沃な土壌を好みます。
乾燥する場所や水が滞水する場所は避けます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は春に緩効性化成肥料を少量施します。
病虫害は特にありません。
名前 ワレモコウ (吾木香、吾亦紅) 、エゾワレモコウ (蝦夷吾木香、蝦夷吾亦紅)
great burnet
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、ユーラシア温帯~亜寒帯、北アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
葉の特記事項 ? 葉には根出葉と茎葉があります。
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 赤、茶、紫
花序の長さ ? 10〜25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 64451
検索サイトの検索キー ? ワレモコウ
エバーグリーンポストでの記事 [茎の弱い植物]立て! 立つんだ、植物!|エバーグリーン

[ワレモコウ]乙女湖ロード周辺でも人気の高い多年草|バラ科ワレモコウ属|エバーグリーン

[十五夜]十五夜に花を飾ろう|エバーグリーン