木賊文newインスタ9月の過去記事

カツラ

カツラ科 カツラ属

Cercidiphyllum japonicum

〔基本情報〕
山地の谷沿いでみられ、高さ30m、径2mにもなる落葉高木。
しばしば株立ちとなります。
樹皮は浅く縦に割れます。
長枝と短枝があり、葉は長枝にはふつう対生し、短枝には1枚つきます。
葉は単葉で長さ・幅とも3~8cmほどのまるいハート形で、掌状の脈と鈍い鋸歯があり、裏面が粉白色を帯びます。
葉柄は長さ2~4cmで赤みを帯びます。
葉は秋に黄葉し、落ち葉は甘い香りがします。
雌雄異株です。
葉の展開前に開花し、雄花・雌花とも短枝につき、花弁も萼もありません。
雄花は30個ほどの雄しべが垂れ下がり葯は赤~赤紫色、雌花には赤い雌しべが3~5個あり、ともに基部に膜質の苞がつきます。
果実は袋果でやや曲がり、先端に細い嘴があります。
種子には片側に翼があります。

〔来歴〕
『万葉集』や『源氏物語』にとりあげられています。

〔利用〕
材は、建築、家具、鉛筆などの材料のほか碁盤や将棋盤にもされます。
京都の葵祭ではフタバアオイとともに『葵桂』という飾りに用いられます。

〔栽培〕
増殖は実生により、とりまきにするか、乾かないよう湿らせた砂などに入れて密閉し冷暗所で保存して翌春に播きます。
日向~半日陰で水はけがよく、適度に湿り気のある肥沃な土壌を好みます。
極端な乾燥を嫌います。
また、潮風や大気汚染に弱いです。
水やりは鉢植えと地植えで植えつけ2年未満の株の場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えで根づいた株では夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株のまわりに施します。
剪定はあまり必要ありませんが、行なう場合は落葉期に枝抜きをおこないます。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
大木となるため天然記念物に指定されているものもあります。
名前 カツラ (桂) 、トワダカツラ
katsura
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州、四国、九州)
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、11月、12月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 30000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
葉の色 ? 黄、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、街路樹
有用 ? その他クラフト
日本のお祭り ? 日本の祭り 葵祭
文化との関わり ? 『万葉集』や『源氏物語』にとりあげられている。
日本花き取引コード ? 19131
検索サイトの検索キー ? カツラ
エバーグリーンポストでの記事 [カツラ]カツラ 秋に香る|カツラ科カツラ属|エバーグリーン