ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

文一総合出版

ミヤマカラマツ

キンポウゲ科 カラマツソウ属

Thalictrum tuberiferum var. tuberiferum

〔基本情報〕
林縁の湿った場所や渓谷沿いなどでみられる高さ10~80cmほどの多年草。
紡錘状に肥大する根をもち、しばしば匐枝を出します。
茎はときに上部で枝分かれし、ふつう無毛ですがまれに開出毛がはえます。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉はふつう開花期にも1~2個あって、2~3回3出複葉となり、長い葉柄をもちます。
小葉は卵形~卵状菱形で、粗い鋸歯があります。
茎につく葉は互生し、1~2回3出複葉となり、茎の上部では単葉となることもあります。
葉柄の基部と小葉柄の基部に托葉はありません。
葉に白い斑がはいることもあります。
茎先の散房花序に多数の花がつきます。
花には花弁はなく、花弁状の萼片も、開花後の早い時期に落ちます。
先が太くなる棍棒状の白い雄しべが多数あってめだちます。
果実は三日月形の痩果で、3稜があり、柄があって開出します。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
水はけ、水もちのよい肥沃な土壌を好みます。
秋~春は日に当て、夏は半日陰で涼しく過ごさせるとよいです。
水やりは水切れに注意し、春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬も極端に乾燥しないようにします。
施肥は元肥を施すほか春と秋に緩効性肥料を置き肥し、真夏に肥料が残らないようにします。
病虫害としては軟腐病、うどんこ病、ハダニ、アブラムシなどがあります。
名前 ミヤマカラマツ (深山唐松) 、ケミヤマカラマツ (毛深山唐松)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国東北部、ロシア沿海地方
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 100〜800mm
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 軟腐病、うどんこ病
虫害 ? ハダニ、アブラムシ
検索サイトの検索キー ? ミヤマカラマツ
エバーグリーンポストでの記事 [カラマツソウ]乙女湖ロードの高原に白が映える|キンポウゲ科カラマツソウ属|エバーグリーン

[ミヤマカラマツ]西沢渓谷の至るところで自生しています|キンポウゲ科カラマツソウ属|エバーグリーン