春花壇にむけてnew / アロエを見に行く11月の過去記事

文一総合出版

ミヤマカラマツ

キンポウゲ科 カラマツソウ属

Thalictrum tuberiferum var. tuberiferum

山地帯上部-亜高山帯下部の林にはえる多年草。ときに根が紡錘状に肥大します。根出葉は2-3回3出複葉で、長い柄があります。
花は茎先の花序につき、白または淡紫色で、花弁がありません。雄しべが長くめだちます。萼は開花後の早い時期に落ちます。
名前 ミヤマカラマツ (深山唐松) 、ケミヤマカラマツ
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道-九州)、朝鮮、中国東北部、南千島、アムール
検索サイトの検索キー ? ミヤマカラマツ