筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハナニラ

ヒガンバナ科 ハナニラ属

Ipheion uniflorum

〔基本情報〕
高さ15~20cmほどの多年草。
全体にニラのような臭いがあります。
地下に径1.2~2cmの卵形で乳白色の鱗茎をもちます。
葉は根出して立ち上がらずに地面に広がり、長さ10~25cmの線形です。
高さ15~20cmほどの花茎を伸ばし、先端に花を1個、上向きに咲かせます。
花は径5cmほどの星形の6弁花で白色~淡い藤青色です。
花には甘い香りがあります。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば、土質を選ばず、容易に栽培できてよく増え広がります。
乾燥に耐えるので、鉢植え・地植えともよほど晴天が続き乾燥しないかぎりは水やりは特に必要ありません。
施肥も元肥として緩効性化成肥料を施すだけで良いです。
病虫害は特にありません。
名前 ハナニラ (花韮)
spring starflower、springstar
花咲く季節 ? 3月、4月
分布または原産地 ? アルゼンチン、ウルグアイ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月、11月
草丈・樹高 ? 150〜200mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 青、紫、白
花径 ? 50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性、耐乾性
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
日本花き取引コード ? 63049
検索サイトの検索キー ? ハナニラ
エバーグリーンポストでの記事 [ハナニラ]春の昼間に降る星|ヒガンバナ科ハナニラ属|エバーグリーン