筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

モンステラ

サトイモ科 ホウライショウ属

Monstera  

〔基本情報〕
常緑つる性多年草。
茎はやや木質化して、多くの種で節から気根を出して他のものによじ登ります。
葉は2列に互生する単葉で、幼葉と成葉の2タイプがあります。
幼葉は卵形~心臓形ですが、成葉では葉に穴があいていたり、その穴がつながって羽状に裂けたりします。
葉の縁は全縁です。
葉柄は中ほどまで鞘になり、基部がふくれます。
白~クリーム色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつけます。
仏炎苞は開花が終わると落ちます。
果実は白色の液果です。

〔利用〕
ホウライショウ(Monstera deliciosa)など一部の種では果肉を果物として食べます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
挿木の適温は20℃以上で、2~3節ずつ切って水苔に伏せ、湿度が高い日陰に置きます。
生育適温は15℃以上ですが、種類によっては霜にあたらなければ越冬可能で、鉢植えでは冬期に室内に取り込み5℃以上を保って乾かし気味に管理すれば無加温でも越冬できます。
水はけと水もち、通気性のよい肥沃な土壌を好みます。
秋~春は日当たりのよい場所、真夏は直射日光を避けた半日陰がよいです。
日陰にも耐えますが、株が間延びして軟弱になります。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いてきたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理するほか、霧吹きで葉水を与えます。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を2か月に1回施します。
病虫害としてはカイガラムシ、ハダニがあります。
名前 モンステラ
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? つる性草本
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
葉の特記事項 ? 幼葉と成葉の2タイプがあります。
花のつき方 ? 肉穂花序
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐陰性、非耐寒性
用途適性 ? ハイドロカルチャー、鉢植、壁面緑化
虫害 ? カイガラムシ、ハダニ
食用 ?
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 20166
検索サイトの検索キー ? モンステラ
エバーグリーンポストでの記事 [モンステラ]モンスターの実を食べる!?|サトイモ科ホウライショウ属|エバーグリーン

「モンステラ」への投稿写真