筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

セイヨウヒイラギ

モチノキ科 モチノキ属

Ilex aquifolium

〔基本情報〕
原産地では高さ10~25m、幹径40~80cmほどになる常緑高木。
樹形は円錐状です。
葉は互生する単葉で、長さ5~12cm、幅2~6cmの楕円形で、厚みがあり、表面に光沢があります。
若い木の葉や、成木の下方の枝につく葉では、葉先は鋭く刺状に尖り、葉の縁に先端が鋭い刺状になる鋸歯が数対ついて波状になります。
成木の上方の枝につく葉はほぼ全縁となります。
雌雄異株です。
雄株・雌株とも前年に出た枝の葉腋に花序を出し、雄花は集散状に、雌花は単生または集散状につきます。
花は白~クリーム色の小さな4弁花です。
果実は径6~10mmの球形で赤く熟します。
果実は寒さにあたる前は苦いため、鳥などに食べられずに冬まで残ります。

〔来歴〕
ヨーロッパでは古くからドルイドにより聖木とされました。
古代ローマ時代、冬至前後におこなわれた農業神の祭りにも利用され、これがキリスト教へ伝わって魔除けとしてクリスマスに飾る慣習になったとされます。
葉の刺や赤い実はキリストの荊冠と血に結びつけられます。

〔栽培〕
増殖は挿木、接木によります。
実生も可能ですが、種から育てると雄株と雌株が出てしまいます。
播く場合は、熟した果実を収穫して果肉を洗い流し、種子が乾燥しないよう湿らせたバーミキュライトなどに埋めて冷暗所で保存し、翌年の3月~4月に取りだして、播く前にもう一度よく水洗いをします。
冷涼な地域に向く植物です。
日向~半日陰で水はけがよく、腐植質に富んで適度に湿り気のある土壌を好みます。
日当たりがよい方が実つきはよいですが、強い西日や乾燥する場所は嫌います。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合はよほど晴天が続いて乾燥しないかぎりは必要ありません。
施肥は寒肥として堆肥を株のまわりに数か所穴を掘って埋めます。
病虫害としてはすす病、カイガラムシなどがあります。
名前 セイヨウヒイラギ (西洋柊) 、セイヨウモチノキ (西洋黐木) 、ヒイラギモチ (柊黐) 、セイヨウヒイラギモチ (西洋柊黐) 、クリスマス ホーリー 、イングリッシュ ホーリー
English holly、European holly、holly、common holly、Christmas holly
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 11月、12月、1月
分布または原産地 ? ヨーロッパ西部~南部、アフリカ北西部、アジア南西部
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 10000〜25000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、鋸歯、刺状
葉の特記事項 ? 若い木と成木で葉の形が違います。
花のつき方 ? 単生、集散花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 黄白、白
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、生垣、トピアリー、公園・庭園、コンテナ
病害 ? すす病
虫害 ? カイガラムシ
文化との関わり ? ヨーロッパでは古くからドルイドにより聖木とされました。古代ローマ時代、冬至前後におこなわれた農業神の祭りにも利用され、これがキリスト教へ伝わって魔除けとしてクリスマスに飾る慣習になったとされます。葉の刺や赤い実はキリストの荊冠と血に結びつけられます。
日本花き取引コード ? 54479
検索サイトの検索キー ? セイヨウヒイラギ
エバーグリーンポストでの記事 [ヒイラギ]クリスマスを連想させる「ヒイラギ」|モクセイ科モクセイ属|エバーグリーン

[セイヨウヒイラギ]ヒイラギと言われても……。クリスマスに飾る“ヒイラギ”は別種だった!|モチノキ科モチノキ属|エバーグリーン

「セイヨウヒイラギ」への投稿写真