葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

サトイモ

サトイモ科 サトイモ属

Colocasia esculenta

〔基本情報〕古くから作物として栽培される高さ1~1.5mほどの多年草。
短い茎の先端から多数の葉を互生させます。葉は大きく、盾状で、長い葉柄をもちます。葉柄は芋茎(ズイキ)と呼ばれます。
塊茎は楕円形~倒卵形で、独特のぬめりがあり、でんぷん質で食物繊維に富んでいます。
花は日本では暖地でまれに咲く程度ですが、棒状の肉穂花序を、基部が緑色で上部が淡い黄色の仏炎苞がつつむ、サトイモ科特有の花序をつけます。

〔来歴〕日本へは中国や東南アジアを経て、渡来し、900年代初頭の書物にはすでに記載があります。中国では紀元前から記録があります。

〔利用〕塊茎や葉柄を食用にし、観賞用にもします。

〔栽培〕水田などの湿潤な土壌と日当たりを好み、暖地が適します。栽培は比較的容易です。増殖は種イモによります。
名前 サトイモ (里芋) 、タイモ (田芋) 、ハタイモ (畑芋)
eddoe、dasheen、taro
分布または原産地 ? インド東部-インドシナ半島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
草丈・樹高 ? 1000〜1500mm
葉の形 ? 単葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 肉穂花序
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? ハイドロカルチャー、花壇、コンテナ
病害 ? 乾腐病
虫害 ? アブラムシ、ハダニ、ハスモンヨトウ
食用 ?
有用 ? 食用
物日の関わり ? 七夕、十五夜、あえのこと
日本花き取引コード ? 44001
検索サイトの検索キー ? サトイモ
エバーグリーンポストでの記事 [サトイモ]お庭レシピ 第26回 ズイキ/サトイモの茎を食べる!|サトイモ科サトイモ属|エバーグリーン

[サトイモ]お庭レシピ 第12回 ちょっと変わったサトイモ料理|サトイモ科サトイモ属|エバーグリーン