秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

オニノゲシ

キク科 ノゲシ属

Sonchus asper

〔基本情報〕空き地や道端などでみられる高さ1~2mの越年草。
茎や葉を傷つけると白い乳液が出ます。
茎は太く、中空です。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は長楕円形で羽状に切れ込みます。
茎につく葉は互生し、茎の下部の葉ほど深く不規則な切れ込みがはいります。
葉には厚みと光沢があり、縁には先が刺になる歯牙があります。
葉の基部がまるく耳状に突き出て、茎を抱きます。
耳には鋭い鋸歯が多数あります。
茎の上部が枝分かれして、径2cmほどですべて舌状花からなる黄色の頭花をつけます。
果実は痩果で、白色の冠毛があります。

〔来歴〕明治時代(1892年)に東京で確認され、全国に帰化しています。
名前 オニノゲシ (鬼野芥子)
prickly sow-thistle、rough milk thistle、spiny sowthistle、sharp-fringed sow thistle、spiny-leaved sow thistle
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ノゲシ
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オニノゲシ
エバーグリーンポストでの記事 [植物の名前]オニにまつわる植物|エバーグリーン

[ノゲシ]ノゲシの観察|キク科ノゲシ属|エバーグリーン