筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハハコグサ

キク科 ハハコグサ属

Pseudognaphalium affine

〔基本情報〕空地や道端などにはえる高さ15~40cmの越年草。
茎は叢生して株立ちとなり、白い綿毛に覆われます。
葉は互生する単葉で、長さ2~6cmの倒披針形です。
葉は両面とも綿毛に密に覆われ、白色です。
枝先に頭花が集まってつきます。
花は総苞が黄色くめだちます。
果実は痩果で、黄白色の冠毛があります。

〔利用〕春の七草のひとつ、ゴギョウで、若葉を食べます。
3月3日の節句の草餅には、もともとはこの草を用いていました。
全草を薬用とします。

〔備考〕よく似たアキノハハコグサは茎の上部で枝分かれすることが多く、葉の表面は緑色です。
名前 ハハコグサ (母子草) 、ゴギョウ (御形) 、オギョウ (御形) 、アイセイタカハハコグサ 、ホウコグサ 、ホウコ
Jersey Cudweed
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、インドを含む東アジア~オーストラリア
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? アキノハハコグサ
草丈・樹高 ? 150〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
葉の色 ?
物日の関わり ? 年中行事 人日
日本花き取引コード ? 16738
検索サイトの検索キー ? ハハコグサ
エバーグリーンポストでの記事 [ひなまつり]雛祭りと祈りの植物|エバーグリーン

[ハハコグサ]触ってみたい、軟らかな葉っぱ|キク科ハハコグサ属|エバーグリーン