ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

ラショウモンカズラ

シソ科 ラショウモンカズラ属

Meehania urticifolia

〔基本情報〕
山地の沢沿いや渓流沿いでしばしば群生する高さ20~30cmの多年草。
全体に芳香があります。
茎は地表を長く這い、節から根を出し、先は直立します。
葉は対生する単葉で、長さ2~5cm、幅2~3.5cmの三角状卵円形で、粗い鋸歯があります。
葉柄は2~3cmです。
花茎は直立して高さ20~30cmになり、茎の上部に数個の花が一方向を向いて咲きます。
花は紫色で長さ4~5cmになる唇形花で、上唇は2裂し、下唇は3裂して中央裂片は大きく、下方に反り返って2浅裂して濃い紫色の斑点と長く白い毛があります。
果実は分果でまばらに毛がはえます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
水はけのよい土壌を好みます。
秋~春は日当たりがよい場所に置き、夏は風通しの良い半日陰に置きます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は元肥として緩効性化成肥料を施すほか、芽出しの時と花後に緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
名は、渡辺綱による羅生門の鬼退治伝説に基づくもので、花の形を切り落とされた鬼女の腕に例えたものです。
名前 ラショウモンカズラ (羅生門葛)
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 6月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月
形状 ? 直立、匍匐
草丈・樹高 ? 200〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? ラショウモンカズラ
エバーグリーンポストでの記事 [植物の名前]オニにまつわる植物|エバーグリーン