硬い殻のオニグルミnew5月の過去記事いいねしよう

ヒメオドリコソウ

シソ科 オドリコソウ属

Lamium purpureum

〔基本情報〕道端や畑、堤防などでみられる高さ10~25cmの越年草。
茎は直立して、根元で枝分かれし、断面は四角形です。
茎には白く短い毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ・幅とも1.5~3cmでの心円形~卵形で、円い鋸歯があります。
葉の表面は網目状にくぼむため、ちぢれて見え、両面には細かい毛がはえます。
茎の上部の葉は密につき、短い葉柄があり、花の時期に赤紫色を帯びることが多いです。
茎の下部の葉には長い葉柄があります。
花は上部の葉腋に密につき、紅紫色です。
花冠は長さ1cmの唇形花で、外側には毛がはえます。
萼には毛がはえます。
果実は分果です。

〔来歴〕世界中に広く帰化していて、日本では明治中頃(1893年)に東京ではじめてみつかりました。
名前 ヒメオドリコソウ
red dead nettle
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? ヨーロッパ~小アジア
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜250mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
葉の色 ? 緑、紫
日本花き取引コード ? 64151
検索サイトの検索キー ? ヒメオドリコソウ