• 1、2、3とありますnew
  • 3月の過去記事
  • いいね!しよう
  • 文一総合出版

    マンリョウ

    サクラソウ科 ヤブコウジ属

    Ardisia crenata

    〔基本情報〕常緑樹林内でみられる常緑小低木。
    高さ30~100cmほどで茎は直立して、上部で枝分かれします。
    葉は互生する単葉で、長さ7~15cm、幅2~4cmの長楕円形で先がとがり、縁には波状の歯牙があります。
    葉は両面とも無毛で、表面にはやや光沢があり、質が厚く、赤褐色をおびた濃緑色です。
    葉には小さな明点と黒褐色の細点があり、乾くとこれらはやや突出して残ります。
    葉柄は長さ8~12mmです。
    葉腋から散形~散房花序を出します。
    花は径8mmほどで白色、花冠は5裂して先が反り返ります。
    果実は径6~8mmで球形、赤く熟します。

    〔来歴〕冬にも葉が青々としていて、冬に赤い実をつけることから、古くから縁起のよい植物として庭などに植え、正月の床飾りや生け花などにされます。
    古典園芸植物のひとつで、江戸時代には葉の変化や果実の色の違いなど多くの園芸品種がつくられました。
    明治~昭和初期にも栽培のブームがありました。
    現存する園芸品種は80品種ほどとされます。

    〔利用〕根を生薬で朱砂根といい、薬用にされます。

    〔栽培〕増殖は実生、挿木によります。
    実生の場合は完熟した果実から果肉を完全に取り除き、種子だけにして取り播きとします。
    明るい日陰で水はけがよく適度に湿った肥沃な土壌で、強風があたらない場所が適します。
    冬は寒風が当たらないようにし、寒冷地では防寒します。
    鉢植えの場合は土の表面が乾いたら水を与えます。
    庭植えの場合は極端に乾燥しないかぎり水やりは必要ありません。
    多湿になると根腐れをおこします。
    施肥は特に必要ありません。
    大きくなりすぎると幹ばかり目立って間延びした印象になるので、適当な高さで取木をして仕立て直すとよいです。
    取木は初夏に樹皮を環状に剥ぎ、十分湿らせた水苔を巻いてビニールで包み、発根を促します。
    発根後、鉢に植えつけます。
    病虫害としてはカイガラムシがあります。

    〔備考〕ヤブコウジ(十両)やセンリョウ(千両)とくらべ、実も葉も大きいので万両の名がつきました。
    名前 マンリョウ (万両) 、ナガバマンリョウ (長葉万両) 、オオマンリョウ (大万両) 、オオミマンリョウ (大実万両) 、オオバマンリョウ (大葉万両) 、トガリマンリョウ 、ハナタチバナ
    coralberry、spiceberry、Christmas berry、Australian holly、coral ardisia、coral bush、coralberry tree、hen's-eyes
    花咲く季節 ? 7月
    実のなる季節 ? 1月、11月、12月
    分布または原産地 ? 日本(本州茨城県以南、四国、九州、琉球)、朝鮮南部、台湾、中国中部・南部、東南アジア、インド北西部
    生活型 ? 低木
    常緑・落葉 ? 常緑
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
    形状 ? 直立
    草丈・樹高 ? 300〜1000mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 波状、歯牙
    花のつき方 ? 散房花序、散形花序
    花の色 ?
    花径 ? 8mm
    実の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 種、挿木
    日照条件 ? 半日陰
    水分の必要性 ? 普通、湿潤
    土の必要性 ? 必要
    用途適性 ? グラウンドカバー、盆栽、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
    虫害 ? カイガラムシ
    有用 ? 薬用
    物日の関わり ? 年中行事 元旦
    日本花き取引コード ? 21885
    検索サイトの検索キー ? マンリョウ
    エバーグリーンポストでの記事 一、十、百、千、万って!?