図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

オオバタネツケバナ

アブラナ科 タネツケバナ属

Cardamine regeliana

〔基本情報〕
川辺や水湿地などでみられる高さ20~40cmの多年草。
根茎はありません。
茎は基部が地を這って枝分かれし、上部が立ち上がります。
茎には毛はなく、紫色を帯びることはないか帯びても基部のみとなります。
葉には根生葉と茎に互生する葉があり、羽状複葉となります。
側小葉は1~5対あり、各小葉は卵形~長楕円形で、先端の小葉は側小葉より明らかに大きいです。
花は総状花序につき、白色の4弁花です。
花弁は長さ3.5~5mmの倒卵形です。
雄しべは6本です。
果実は長さ1.5~2.5cmの長角果で、直立または斜めに立ち上がります。
果実の中には1mmほどの種子が多数、1列に並びます。
名前 オオバタネツケバナ (大葉種漬花、大葉種浸花)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国東北部、極東ロシア、南千島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? オオケタネツケバナ
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオバタネツケバナ
エバーグリーンポストでの記事 [オランダガラシ]オランダガラシはあの野菜|アブラナ科オランダガラシ属|エバーグリーン

「オオバタネツケバナ」への投稿写真