おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

イイギリ

ヤナギ科 イイギリ属

Idesia polycarpa

〔基本情報〕
山地でみられ、高さ15m以上になる落葉高木。
樹皮は白っぽい灰褐色でなめらかです。
枝は太く、車軸状に出ます。
葉は互生する単葉で、長さ10~20cm、幅8~20cmの卵心形となり、先がとがります。
葉にはやや掌状になる5~7本の脈があります。
葉の縁にはややまばらに鋸歯があります。
葉柄は長さ6~18cmです。
先端にはふつう蜜腺が2個ある。
雌雄異株です。
雄花序・雌花序とも長さ20~30cmの円錐花序で、下垂します。
花には花弁はありません。
果実は径0.8~1cmで球形の液果となり、橙赤色に熟して、翌年まで枝に残ることが多いです。

〔栽培〕
増殖は挿木、根挿によります。
実生も可能ですが、種から育てると雄株と雌株が出てしまいます。
播く場合は、熟した果実を収穫して果肉を洗い流し、種子が乾燥しないよう湿らせたバーミキュライトなどに埋めて冷暗所で保存し、翌年の3月~4月に取りだして、播く前にもう一度よく水洗いをします。
日当たりと水はけ、水もちがよく肥沃な場所を好み、強い日射しが幹にあたるのを嫌います。
強い西日や乾燥する場所は嫌います。
地植えの場合は、大木になるので広いスペースが必要です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株の周りに施します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
姿がキリに似て、葉で飯を包んだことが名の由来です。
名前 イイギリ (飯桐) 、ナンテンギリ (南天桐)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
実のなる季節 ? 10月、11月、12月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州、琉球)、朝鮮、中国、台湾
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花序の長さ ? 200〜300mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、切花、公園・庭園
日本花き取引コード ? 42512
検索サイトの検索キー ? イイギリ
エバーグリーンポストでの記事 [バラ]イベントレポート:春のバラフェステバル@旧古川庭園|バラ科バラ属|エバーグリーン

「イイギリ」への投稿写真