• ポインセチアは寒いの苦手new
  • 11月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • コミカンソウ

    ミカンソウ科(コミカンソウ科) コミカンソウ属

    Phyllanthus lepidocarpus

    〔基本情報〕道端や空き地で普通にみられ、高さ60cmをこえることもある一年草。
    茎は直立して、よく枝分かれします。
    枝は水平にでて長さ2~9.5cmに伸び、毛がはえます。
    枝には10~39枚の葉が互生し、一見羽状複葉のように見えます。
    葉は単葉で長さ0.7~1.8cm、幅0.3~0.7cmの楕円形で、両面とも無毛で、全縁です。
    葉柄は長さ0.1~0.2mmです。
    開花は本州では夏~秋ですが、沖縄では一年中となります。
    花には雄花と雌花があり、葉腋に数個ずつ小集散花序をなしてつきます。
    雄花・雌花とも花弁はありません。
    果実は径2mmで扁球形の蒴果で、表面にいぼ状突起があります。
    種子は3稜形です。
    名前 コミカンソウ (小蜜柑草)
    花咲く季節 ? 8月、9月、10月
    分布または原産地 ? 日本(本州:福島県以南、四国、九州、琉球)、東アジア~南アジア
    生活型 ? 一年草
    生活様式 ? 地生
    草丈・樹高 ? 600mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 全縁
    花のつき方 ? 集散花序
    検索サイトの検索キー ? コミカンソウ
    エバーグリーンポストでの記事 [コミカンソウ]かわいらしい コミカンソウ|ミカンソウ科コミカンソウ属|エバーグリーン