• 2色の鐘形、サラサドウダンの花new
  • 図鑑に30種追加・更新しました
  • フェイスブックページをいいね!しよう。
  • 文一総合出版

    マユミ

    ニシキギ科 ニシキギ属

    Euonymus hamiltonianus subsp. sieboldianus var. sieboldianus

    〔基本情報〕
    山地の林内や林縁にはえる高さ3mほどの落葉小高木。
    当年枝は緑色で、なめらかです。
    葉は対生する単葉で、長さ5~15cm、幅2~8cmの楕円形~長楕円形で、縁に波状の細かい鋸歯があります。
    葉は秋に紅葉します。
    葉柄は長さ0.5~2cmです。
    雌雄異株で、雄株・雌株とも花序や花の形は同じです。
    当年枝の基部の芽鱗痕わきに1~2対、長さ2~4cmの集散花序をだし、1~7個の花がつきます。
    花序には1.5~2cmの柄があり、花柄は5~7㎜です。
    花は径1cmほどで花弁は4枚あり、黄緑色です。
    果実は径1cmほどの球形の蒴果で、4稜があり、角ばります。
    果実は淡い紅色に熟し、4つに割れて、赤色の種子を吊り下げます。
    果実は昼間開いて夜には閉じます。

    〔利用〕
    材が粘り強く、よくしなるので、古くから弓の材料にされ、印鑑や櫛材にも利用されます。
    和紙の原料とされた時期もあります。

    〔栽培〕
    増殖は実生、挿木によります。
    実生では性質にばらつきがあり、雄株が出ることもあるので挿木が一般的です。
    挿木は前年枝では1~2月に、当年枝では6月に行います。
    日向であれば土質は特に選びませんが、根が浅いため乾燥を嫌います。
    半日陰にも耐えますが、日当たりが悪いと紅葉の色が悪くなります。
    雌株だけでも実はつきます。
    水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
    地植えの場合は乾燥が続かない限り降雨にまかせます。
    施肥は寒肥として緩効性肥料を株元に施します。
    剪定を行う場合は落葉中に行います。
    病虫害は特にありません。
    名前 マユミ (真弓、檀、檀弓) 、カンサイマユミ (関西真弓) 、オオバマユミ (大葉真弓) 、エゾオオバマユミ (蝦夷大葉真弓) 、ヤマニシキギ (山錦木)
    花咲く季節 ? 5月、6月
    実のなる季節 ? 10月、11月
    分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、樺太
    生活型 ? 小高木
    常緑・落葉 ? 落葉
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、10月、11月
    葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
    草丈・樹高 ? 3000mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 対生
    縁の形 ? 鋸歯
    花のつき方 ? 集散花序
    花弁の数 ? 4
    花の色 ?
    実の色 ? 赤、桃
    葉の色 ? 赤、橙、緑
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 種、挿木
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
    用途適性 ? 盆栽、鉢植、切花、公園・庭園、ベランダ
    有用 ? その他クラフト
    日本花き取引コード ? 29374
    検索サイトの検索キー ? マユミ