葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

オニグルミ

クルミ科 クルミ属

Juglans mandshurica var. sachalinensis

〔基本情報〕高さ7~10mになり、大きなものでは20mをこえる落葉高木。
山地の川沿いの斜面でみられ、増水時に冠水するような場所では群落をつくることがあります。
茎には葉の落ち痕がこぶ状に残り、葉痕は逆三角形で3隅に維管束のあとがあります。
葉は互生し、長さ40~60cmの奇数羽状複葉で、11~19枚の小葉からなります。
小葉は長さ8~18cm、幅3~8cmの楕円形で、細かい鋸歯があります。
葉の裏面には星状毛が密にはえます。
葉柄と葉軸には褐色の軟毛や腺毛が密にはえます。
花には雄花と雌花があります。
雄花序は前年の枝の葉腋から下垂する長さ10~22cmの尾状花序で、軟毛や腺毛が密にはえます。
雄花は長さ4~5mmと小さく、花序に多数つき、12~20個の雄しべをもちます。
雌花序は今年出た枝の先に直立する長さ6~13cmの穂状花序で、長毛や腺毛が密にはえます。
雌花は長さ7~8㎜で7~10個が花序につき、赤色の花柱がめだちます。
果実は長さ3~4cmで卵円形の堅果で、褐色の毛が密にはえます。
果実の中には長さ2.5~3.5cmで表面にしわがある核(クルミ)があります。

〔利用〕種子(仁)は食用になります。

〔栽培〕増殖は実生、接ぎ木によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい場所であれば土質は特に選びません。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は早春と秋に有機質の肥料を施します。
病虫害としては胴枯病があります。

〔備考〕クルミがかたく、深いしわがあることから「鬼」とついたとされます。
名前 オニグルミ (鬼胡桃) 、カラフトオニグルミ (樺太鬼胡桃) 、コオニグルミ
Japanese walnut
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州、四国、九州)、サハリン
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 12月、1月、2月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 7000〜10000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 穂状花序、尾状花序
花序の長さ ? 60〜220mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、水辺緑化
病害 ? 胴枯病
食用 ?
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 54492
検索サイトの検索キー ? オニグルミ
エバーグリーンポストでの記事 [オニグルミ]大古の時代から好まれたオニグルミ|クルミ科クルミ属|エバーグリーン