いいねしよう10月の過去記事

イヌビワ

クワ科 イチジク属

Ficus erecta var. erecta

〔基本情報〕低地の林内でみられる高さ3~5mになる落葉低木。
葉や茎を傷つけると白色の乳汁が出ます。
若い枝にはまれに白い毛がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ8~20cm、幅3.5~8cmの卵状楕円形となり、両面とも無毛です。
葉の縁は全縁です。
葉柄は長さ2~5cmです。
雌雄異株です。
葉腋に径0.8~1cmで球形の花嚢を1個つけます。
花は花嚢の内側につくため、外見上、花が見あたらないまま果実が熟します。
花後に花嚢は果嚢(果実)となります。
果嚢は径2cmの球形で黒紫色に熟します。
雌花序の果嚢は食べられます。

〔利用〕果実や白い乳液を薬用とします。

〔栽培〕増殖は挿木や取木によります。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
水やりは、植えつけ直後は土が乾いたらたっぷりと与え、根づいた株では夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株の周りに施します。
病虫害は特にありません。
名前 イヌビワ (犬枇杷) 、イタビ
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、四国、九州、琉球)、済州島、蘭嶼
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 10月、11月、12月、2月、3月、4月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 3000〜5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 隠頭花序
実の色 ? 紫、その他
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 16049
検索サイトの検索キー ? イヌビワ
エバーグリーンポストでの記事 [バラ]イベントレポート:春のバラフェステバル@旧古川庭園|バラ科バラ属|エバーグリーン