• オリーブの葉でいれるお茶new
  • 12月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 文一総合出版

    ムクノキ

    アサ科 ムクノキ属

    Aphananthe aspera

    〔基本情報〕渓谷沿いの肥沃な土壌の斜面などでみられる高さ20~25m、径1mにもなる落葉高木。
    若い木の樹皮は灰褐色でなめらかですが、のちに灰色と褐色の縦縞となり、老木では細かく鱗状にはがれます。
    老木の根元は板根が発達することもあります。
    葉は2列互生する単葉で、卵状楕円形、葉の基部を除いて規則的な鋸歯があります。
    葉の基部から3本の脈が出ます。
    葉は両面とも剛毛がはえ、ざらつきます。
    葉は秋に黄葉します。
    花には雄花と雌花があり、雄花は若い枝の基部に集散花序をなし、径5mmほどで5個の萼片と5個の雄しべがあります。
    雌花は若い枝の上部の葉腋に1~2個つきます。
    果実は球形の核果で黒紫色に熟します。
    果実は甘く、食べられます。
    実を野鳥が好みます。

    〔利用〕材は強靭で建築、器具材にされます。
    葉は象牙やべっ甲、木地などの研磨用に用いられます。
    花や根皮は薬用とします。

    〔栽培〕増殖は実生によります。
    種子は乾燥すると発芽率が極端に落ちるので、熟した果実を採り、果肉をよく水で洗い流し、とりまきにします。
    日向で、湿潤な環境を好みますが、土質を選ばずによく育ちます。
    大木になるので、広いスペースが必要です。
    地植えの場合、根づいてしまえば水やりは特に必要ありません。
    病虫害は特にありません。
    名前 ムクノキ (椋木) 、ムク (椋) 、ムクエノキ (椋榎)
    scabrous aphananthe、muku tree
    花咲く季節 ? 4月、5月
    実のなる季節 ? 10月
    分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以南、四国、九州、琉球)、済州島、台湾、中国、インドシナ
    ハーディネスゾーン ? 7a-11b
    生活型 ? 高木
    常緑・落葉 ? 落葉
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、11月、12月
    形状 ? 直立
    草丈・樹高 ? 20000〜25000mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 鋸歯
    花のつき方 ? 集散花序
    実の色 ? 紫、その他
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ?
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 必要
    土の必要性 ? 必要
    用途適性 ? 盆栽、生垣、公園・庭園、街路樹
    有用 ? 薬用、その他クラフト
    日本花き取引コード ? 50029
    検索サイトの検索キー ? ムクノキ