おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ヘビイチゴ

バラ科 キジムシロ属

Potentilla hebiichigo

〔基本情報〕
日当たりがよい草原や道端などでみられる多年草。
茎は地を這い、節から根を出します。
発根した部分から、しばしば秋に小苗を出して増えます。
葉は互生する3出複葉ですが、まれに5小葉からなる鳥足状の複葉となります。
葉は黄緑色で、両面にまばらに毛がはえ、縁には鋸歯がありますが、上部ではしばしば重鋸歯となります。
頂小葉は長さ2~2.5cm、幅1.5~2cmの広卵形となります。
葉柄には短毛がはえます。
花は葉と対生する位置に単生し、径1.2~1.5cmの黄色い5弁花で、花弁の先端は明らかにへこみます。
花には萼と副萼があります。
花柄は長さ4~7cmで毛がはえます。
花は朝開いて夜閉じます。
果床は淡い紅色で光沢がなく、径1~1.2cmの球形となり、スポンジ状でやわらかく、表面に毛がはえます。
果床の表面に長さ1mmほどの痩果がつきます。
痩果には光沢がなく、表面にしわがあります。

〔利用〕
全草を薬用とします。
名前 ヘビイチゴ (蛇苺)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、台湾、タイ、フィリピン、インドネシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヤブヘビイチゴ
葉の形 ? 3出複葉、掌状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯、重鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 12〜15mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 61358
検索サイトの検索キー ? ヘビイチゴ