変化に富む花new悪しき実4月の過去記事いいねしよう

ウワミズザクラ

バラ科 ウワミズザクラ属

Padus grayana

〔基本情報〕
山地の日当たりがよい谷筋でみられる高さ15m、幹径50cmになる落葉高木。
樹皮は紫褐色で光沢があり、枝を傷つけると悪臭がするといいます。
葉は互生する単葉で、長さ8~11cmの長楕円形、先が急にとがり、縁に鋸歯があります。
蜜腺は葉の基部にあります。
葉柄は長さ0.7~1cmです。
枝先に長さ8~10cmの総状花序を出します。
花序の下に数枚の葉をつけます。
花は葉の展開後に咲き、径0.6cmほどで白色の5弁花です。
雄しべは多数あり、花弁より長く突き出ます。
果実は長さ0.6~0.7cmの卵球形で赤色から黒紫色に熟し、甘みがあります。
エゾノウワミズザクラに似ますが、蜜腺が葉の基部につく点、雄しべが花弁より長い点などで区別できます。

〔利用〕
蕾を薬用とします。
若い花穂や未熟な果実は塩漬にして食べられます。
果実は果実酒にされます。
材は建築・器具・彫刻などに、樹皮は細工に用いられます。
染料にもされます。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株の周りに穴を掘って埋めます。

〔備考〕
この木に溝を彫って占いに用いたことが名の由来とされます。
名前 ウワミズザクラ (上溝桜) 、クソザクラ 、ヨグソザクラ
Japanese bird cherry、Gray's bird cherry
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道:中南部、本州、四国、九州:熊本県まで)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? エゾノウワミズザクラ、イヌザクラ、シウリザクラ
植え付け(または播種)季節 ? 10月、11月、2月、3月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 6mm
花序の長さ ? 80〜100mm
実の色 ? 赤、紫、その他
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
食用 ? 実、花
有用 ? 薬用、食用、その他クラフト
文化との関わり ? この木に溝を彫って占いに用いた
日本花き取引コード ? 54655
検索サイトの検索キー ? ウワミズザクラ
エバーグリーンポストでの記事 [ウワミズザクラ]試験管ブラシを大きくしたような姿|バラ科ウワミズザクラ属|エバーグリーン