• 1、2、3とありますnew
  • 3月の過去記事
  • いいね!しよう
  • イトザクラ

    バラ科 サクラ属

    Cerasus spachiana var. spachiana f. spachiana

    〔基本情報〕高さ20m、幹径1mときに3m以上にもなる落葉高木。
    エドヒガンのうち枝が長く枝垂れるタイプ。
    幹は暗灰褐色で、縦に不揃いな浅い割れめがあります。
    若い枝は灰褐色で軟毛があります。
    葉は長さ3.3~8.8cm、幅1.8~4.5cmの長楕円形~狭倒卵形で、先端は鋭くとがり、基部は広いくさび形です。
    葉の基部または葉柄の最上端に2個の蜜腺があります。
    葉の表面には軟毛がまばらにはえ、裏面は脈に沿って開出毛が密にはえます。
    葉の側脈は10~14対と多いです。
    葉柄は長さ2~2.7cmで上向きの毛が密にはえます。
    葉の縁には先が腺で終わる浅い鋸歯があります。
    葉の展開より前に開花します。
    花は葉腋につく散形花序に2~5個つき、ふつう淡紅色、ときに白色や紅紫色となる5弁花で径1.5~2cmです。
    花弁は長さ10~12mmで楕円形~倒卵形です。
    萼筒は長さ5~6mmの基部が球状に膨らむ短い壺形です。
    萼裂片は縁に細かい鋸歯があります。
    萼筒・萼裂片には開出毛があります。
    花柄はごく短く、小花柄は1~1.4cmで開出毛が密生します。
    果実は径9mmの球形で黒紫色に熟し、渋味があります。

    〔栽培〕増殖は実生、挿し木、接ぎ木によります。
    日当たりと水はけがよい場所を好みます。
    庭植えで大木になって困る場合は、木の大きさをコントロールするため、布ポットで根が張るスペースを抑制するとよいです。
    苗木のうちは株もとにワラを敷くなどして霜を防ぎます。
    また、必要がなければむやみに枝を切らない方がよいです。
    病虫害が多いため、注意が必要です。

    〔備考〕樹勢が強く長寿なので名木古木が各地にあります。
    名前 イトザクラ (糸桜) 、シダレザクラ (枝垂桜) 、シダレヒガン (枝垂彼岸) 、ヒガンシダレ (彼岸枝垂)
    weeping cherry
    花咲く季節 ? 3月、4月
    実のなる季節 ? 6月
    ハーディネスゾーン ? 6a;9b
    生活型 ? 高木
    常緑・落葉 ? 落葉
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、3月、12月
    形状 ? 枝垂れ
    草丈・樹高 ? 20000mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 鋸歯
    葉の特記事項 ? 蜜腺
    花のつき方 ? 散形花序
    花弁の数 ? 5
    花の色 ? 白、桃
    花径 ? 15〜20mm
    実の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 種、挿木、接木
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園、コンテナ
    検索サイトの検索キー ? イトザクラ
    エバーグリーンポストでの記事 [サクラ]花めぐり3月号|園芸通信|エバーグリーン