ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ヒメキンミズヒキ

バラ科 キンミズヒキ属

Agrimonia nipponica

〔基本情報〕山地の林や谷筋などにはえる多年草。
高さ80cmほどになるものもあります。
肥厚した根茎をもちます。
全体に毛が少なく、茎は細く、まばらに枝分かれします。
葉は互生し、3~5小葉からなる奇数羽状複葉です。
小葉は楕円形~倒卵形で先はあまり尖らず、縁に丸みのある鋸歯があります。
葉の裏面には不明瞭な白い腺点があります。
茎先に総状花序を出し、まばらに花をつけます。
花は径5~7mmで黄色い5弁花です。
花弁は長さ3~4mm、幅1~1.2mmの長楕円形です。
雄しべは5~8本と少ないです。
萼筒は倒円錐形で、裂片はそり返り、脈上に伏した毛がはえます。
果時の萼筒は長さ2mm、径2~3mmと小さいです。
萼筒には長さ2mmのかぎ状の刺が少数あり、内側に曲がります。
果実は痩果です。

〔備考〕キンミズヒキは小葉数が5~9小葉と多く、小葉の先がとがり、花が径6~11mmと大きく、花弁は幅広く、雄しべも8~15本と数が多いことで区別できます。
名前 ヒメキンミズヒキ (姫金水引)
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道西部・南部~屋久島)、済州島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? キンミズヒキ
草丈・樹高 ? 800mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 5〜7mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヒメキンミズヒキ
エバーグリーンポストでの記事 [ミズヒキ]小さな花でも華道や茶道での名バイプレーヤー|タデ科イヌタデ属|エバーグリーン