おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

チョウマメ

マメ科 チョウマメ属

Clitoria ternatea

〔基本情報〕
つる性多年草ですが、日本では一年草として扱われます。
茎には軟毛がはえます。
葉は互生する奇数羽状複葉で、5~9小葉からなります。
小葉は楕円形で全縁です。
托葉があります。
花は葉腋に単生する蝶形花で、中心が淡い黄色に抜ける鮮やかな青色です。
旗弁が大きく発達しますが、花が上下逆さまになるため旗弁が下側に位置するという特徴があります。
八重咲や花色の異なる園芸品種があります。
果実は長さ10cmほどの扁平な豆果で、黒褐色の種子を含みます。

〔来歴〕
日本へは江戸時代に渡来しました。

〔利用〕
花を食品着色料やハーブティー、未熟な莢は食用となります。
葉と根は薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
寒さに弱いので一年草として扱います。
日当たりと水はけがよい土壌を好みます。
移植を嫌うので、播種は直播にするか、ポットに播いて、幼苗のうちに定植します。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 チョウマメ (蝶豆) 、バタフライピー
Asian pigeonwings、bluebellvine、blue pea、butterfly pea、cordofan pea、Darwin pea
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 熱帯アジア
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? つる
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、壁面緑化
食用 ? 実、花
有用 ? 薬用、食用、飲用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 56305
検索サイトの検索キー ? チョウマメ

「チョウマメ」への投稿写真