かんきつ事情new図鑑充実投稿数制限7月の過去記事

ネムノキ

マメ科 ネムノキ属

Albizia julibrissin var. julibrissin

〔基本情報〕林縁や原野などの日当たりがよい湿地にはえる落葉高木。
高さ10m以上になります。
葉は互生する2回偶数羽状複葉で、7~9対のほぼ対生する長さ5~15cmの羽片がつきます。
それぞれの羽片には長さ10~17mm、幅4~6mmほどで狭卵状楕円形の小葉が15~30対つきます。
小葉は先がとがり、全縁、縁と裏面の主脈に毛があります。
葉柄や小葉柄の基部はふくれていて葉枕とよばれます。
葉枕の細胞の膨圧が昼夜で変化するために葉の就眠運動が起こり、夜間に葉が閉じます。
葉柄の基部にやや大きな蜜腺がつきます。
枝先に円錐状に集まる頭状花序を出し、10~20個の花がつきます。
花は長く伸びた淡い紅色の雄しべがブラシ状にめだちます。
果実は長さ10~15cm、幅1.5~1.8cmの扁平な豆果で、扁平で楕円形の種子を10~18個含みます。

〔利用〕樹皮は薬用とされます。

〔栽培〕増殖は実生、根伏せ、接木によります。
実生の場合は開花するまで10年ほど要します。
日当たりと水はけのよい肥沃な場所を好みます。
日当たりがよい方が花がよく咲きます。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
庭植えの場合は特に必要はありません。
肥料は特に必要ありません。
やや寒さに弱いです。
痩地や乾燥地でも育ち、強風にも耐えます。
成木での移植は避けます。
剪定は特に必要ありませんが、気になるようなら邪魔な枝を間引く程度にします。
病虫害としてはすす病、カイガラムシなどがあります。

〔備考〕夜眠るように葉が閉じることが和名の由来となっています。
名前 ネムノキ (合歓木) 、ネム
silk tree
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
実のなる季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州~琉球)~イラン
ハーディネスゾーン ? 7a;11b
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 10000mm
葉の形 ? 偶数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐乾性、耐風性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、切花
病害 ? すす病
虫害 ? カイガラムシ
有用 ? 薬用
動物との関わり ? キチョウの食草
検索サイトの検索キー ? ネムノキ