春花壇にむけてnew11月の過去記事

ミヤマキンポウゲ

キンポウゲ科 キンポウゲ属

Ranunculus acris subsp. nipponicus

亜高山帯の日当たりのよい草原にみられ、雪田周辺にもよく群生する多年草。茎は上部で枝分かれします。葉は細かく裂けます。茎と葉の両面には毛があります。花は光沢のある黄色です。
名前 ミヤマキンポウゲ (深山金鳳花) 、ケナシミヤマキンポウゲ 、コリンキンポウゲ
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中北部)
検索サイトの検索キー ? ミヤマキンポウゲ